HP内の目次へ・検索もできます! 『アマン伝説』 -創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命-

10158号       10160号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10159号 2013年5月20日

『アマン伝説』
-創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命-


著:山口由美
発行:文藝春秋
定価:2,048円(本体1,950円+税5%)
382p・20cm
978-4-16-376280-7

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
アマンの創業者ゼッカの軌跡を追って、インドネシア、タイ、スリランカ、香港、シンガポール、そして日本へ。リゾートホテルの変遷を通じてアジアの戦後史を捉え直す画期的ノンフィクション作品。
世界中のセレブを虜にするアマンリゾーツのルーツは日本にあった?創業者ゼッカの軌跡を辿りアジアンリゾート誕生の秘密に迫る。
始まりはアジアに誕生した一軒のリゾートからでした。モダンデザインに卓越したホテピタリティ、四十室なのに高級ホテル並みの料金。ホテルの概念を一変したアマンリゾーツは瞬く間に世界中のセレブを魅了しました。アマンを創業し、二十五年にわたって率いてきたエイドリアン・ゼッカは、公の場には姿を見せない謎の人物です。それゆえか、アマンにはある噂が囁かれてきました。
曰く「アマンのルーツには日本の旅館がある」。本書では、インドネシアの名家に生まれ、ジャーナリストからホテリエに転身し、伝説のホテル・リージェントの設立に参画し、さらにアマンを創業するまでのゼッカの軌跡を徹底取材。若き日のゼッカが一九五〇年代に日本に滞在し、そこで体験した「ライフスタイル」が、後のアマンのコンセプトに決定的な影響を与えたことを突き止めます。著者の山口由美さんは二〇一二年に小学館ノンフィクション大賞を受賞した気鋭の作家で、本作が受賞第一作。取材はインドネシアからスリランカ、タイ、香港、シンガポールまで広範囲に及び、リゾートホテルの変遷を通じて、アジアの戦後史を捉え直す画期的なノンフィクション作品となりました。
おりしも、本邦初のアマン東京の開業が二〇一四年に予定されています。本書では、日本にアマンを誕生させようと画策した人々の知られざるドラマも描かれています。伝説のリゾートホテルの真実の姿が浮かび上がる、まさにタイムリーな作品です。
[目次]
ジャワ島・スカブミへ;
スリランカ 兄弟の庭;
サヌールの夜 タンジュンサリとバトゥジンバ;
三浦半島 ミサキハウスの休日;
リージェントの伝説 バブルの夢の結末;
スズ鉱山の島からリゾートへ プーケットの躍進;
バリの原風景 ウブドの魔性;
ライフスタイルの創出とアマンジャンキー;
孤島リゾートとホスピタリティ;
アジアンリゾートブームの舞台裏;
日本人とアマンの夢;
アジアンリゾートの今、そして未来



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533