HP内の目次へ・検索もできます! ちくま学芸文庫 『建築はどうあるべきか』 -デモクラシーのアポロン-

10069号       10071号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10070号 2013年4月17日

ちくま学芸文庫
『建築はどうあるべきか』
-デモクラシーのアポロン-

著:ヴァルター・グロピウス
翻訳:桐敷真次郎
発行:筑摩書房
定価:1,470円(本体1,400円+税5%)
文庫判・352p
978-4-480-09530-5

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
巨匠が語るデザインの本質。
美しく心地よい住まいや、調和のとれた街並みを、近代的な工法を用いて作り出そうと試みた、バウハウス初代校長最晩年の講演録。 【解説:深澤直人】



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533