HP内の目次へ・検索もできます! 『「百人百景」京都市岡崎』

10026号       10028号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10027号 2013年4月5日

『「百人百景」京都市岡崎』

編:村松 伸+京都・岡崎「百人百景」実行委員会
発行:京都通信社
定価:1,680円(本体1,600円+税5%)
A5・96p

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
「百人百景」の実施概要 京都市左京区岡崎での撮影会は、京都・岡崎「百人百景」実行委員会の主宰によって2012年3月4日の日曜日、10時から16時30分にかけて136人が参加して実施された。
応募と参加者参加者は、ウェブサイトや京都市内の大学、ギャラリーなどで配布したチラシ、それにツイッターやフェイスブックなどで知った人たちで、参加申請はウェブサイトで受けつけ、これに3人の招待作家が加わった。カメラISO1600の高感度カラーフィルムとストロボを搭載した「写ルンです」を富士フイルム株式会社に提供いただき、参加者全員に配布。現像も同社。
撮影の地理的範囲撮影対象は制限しないが、地域はおおむね北は丸太町通から南は三条通まで、東は白河通から西は鴨川までの岡崎一帯に限定した。事前の共有情報岡崎の歴史と魅力的な遺産や資産を紹介する資料を当日に配布。撮影開始前に、これをもとに岡崎の歴史を簡単に解説するとともに、文化施設や疏水以外のほかに多彩な自然、建物、文化があることを紹介。
千年の伝統の視線で、千年後の京都を構想する日本を含む東アジアには、一つの景色を多面的に、あるいは多数の景色を一つの視点で見る伝統がある。この大本となったのは、10〜12世紀のころ中国で流行した洞庭湖の風景を山水画に描く瀟湘八景(しょうしょう はっけい)である。瀟湘は八つの名所のある風光明媚な水郷地帯として知られ、山水画の伝統的な画題ともなった。この様式は朝鮮半島やベトナム、日本へと伝播した。とりわけ日本では江戸期に開花し、19世紀半ばの葛飾北斎の『富嶽三十六景』や歌川広重の『名所江戸百景』に連なったことは、よく知られている。人、自然、建物、大地などが異なった姿で切り取られ、魅力あふれる絵筆で描かれている。
2012年3月4日、私たちは京都市岡崎地区で2人のプロカメラマンと、134人のアマチュアカメラマンが、各人27枚の写真を使い捨てカメラで撮影するイベントを開催した。このとき撮影した3600枚を超えるまちの写真の一部を解説・解析しているのがこの本である。この企画は、東アジアの千年が培ってきた豊かな視線と絵筆の伝統を背負うものでもあった。多くの瀟湘八景が描かれたその時期、京都の東側の岡崎の地では武家の邸宅や仏殿や塔が建ち並んでいた。この地はやがて荒廃して田畑となるが、19世紀末にふたたび勃興する。琵琶湖から運河が引かれ、平安神宮が造られ、動物園が開園した。明治の元勲や商人が名園を営み、やがて美術館や博物館が林立する異空間となった。
水、緑、公共建築、小さな祠、コミュニティ、町家、洒落たレストラン等々が拡がる現在のこの場所に、136人が小雨の降るなかでカメラを携えて半日を費やした。2キロ×1キロの限られた範囲であっても、その視線も、歩くルートも、人それぞれだった。江戸の富士山のような名所はないが、京都を取り巻く山々は136人を見守っている。由緒ある京の寺社仏閣も所狭しと並んでいる。写っているのは、目に見えるものだけではない。春の兆し、記憶、虚無感、幸せ、そういう岡崎の日常と非日常の一切合切が、カメラですくい取られて写真となった。この3600枚は、千年の東アジアの視線の末裔であるだけではない。これから訪れる千年後のサステナブルなまちの未来を構想する手立てともなる。地球環境と都市を研究する主催者の私は、27枚のすべての写真のなかで逆立ちしながら、そう考えた。
[村松伸]
[目次]
百人百景の概要
古都のまち環境をカメラで切り取る 村松 伸
京都の「近代」を詰めこんだ岡崎 中川 理
岡崎マップ
作家作品
土田ヒロミ・淺川 敏
表彰作品
土田賞、淺川賞、地球研賞
136人が見つめた「岡崎の2012年3月4日」
岡崎百人百景と「まち環境リテラシイ」
村松 伸
座談会「百人百景」を振り返る
寡黙で雄弁な27枚の写真たち
鞍田 崇+林 憲吾+松隈 章+村松 伸



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533