HP内の目次へ・検索もできます! 『緑青 ROKUSHO vol.6 懐石の器』 -向付様様 むこうづけさまざま-

9761号       9763号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻9762号 2012年12月17日

『緑青 ROKUSHO vol.6 懐石の器』
-向付様様 むこうづけさまざま-


編集・発行:マリア書房
定価:2,940円(本体2,800円+税5%)
B5・104p
978-4895115759

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
内容・PDF
向付は桃山時代発祥の茶懐石の器、いわゆる食器であるが、それらは日本人の感性や美意識が凝縮された存在であり、現代に繋がる“うつわ大国ニッポン”を表すにふさわしいものである。歪んだ形、稚拙な絵付けなど、一見未熟とも思える姿を面白がる先人達のセンスは、“約束事だらけの茶の湯”に、一箇所だけ開いた自由の窓をもたらしたのである。
本書では、そんな向付を、桃山時代から近代までの主な産地・作家の作品150点ほどを選定し、紹介いたします。研究者、料理人、古美術商など、立ち位置の違うそれぞれの専門家からの文章も収録しています。
[目次]
【TEXT】
「向付に凝縮する日本の美意識」 竹内順一(永青文庫館長)
[向付拝見] 瓢亭 橋英一
[向付拝見] 飯田 飯田真一
[対談] 辻義一(懐石辻留)×真木啓子(工芸店ようび)
「尾形乾山と懐石の器」西川秀敏(法蔵禅寺)
「かいせき と 向付」 梶高明(梶古美術)
【掲載作品】
織部・黄瀬戸・志野・唐津・天啓赤絵・南京赤絵・古染付・源内焼・尾形乾山
古清水・楽・永楽・川喜田半泥子・北大路魯山人・ラリック・バカラ・阿蘭陀
初期鍋島・古九谷・古伊万里・高取・御深井など



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533