HP内の目次へ・検索もできます! 『菊竹清訓巡礼』

9749号       9751号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻9750号 2012年12月13日

『菊竹清訓巡礼』

文:磯達雄
イラスト:宮沢洋
編:日経アーキテクチュア
発行:日経BP社
定価:2,310円(本体2,200円+税5%)
A4・216p
978-4-8222-7462-7

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
巡礼シリーズ第4弾。丹下健三と並ぶ、戦後日本を代表する建築家・菊竹清訓。
昨年12月に亡くなった菊竹氏の主要25プロジェクトの現況を文章とイラストでリポート。
生前に行ったインタビュー、菊竹建築全年表なども掲載。
戦後の建築界をけん引した菊竹清訓氏が2011年12月に亡くなりました。本書は時代を象徴する25の菊竹建築を、独自の分析とイラストでリポートします。
建築界の頂点に駆け上がった1950〜60年代、銀行や商業建築に取り組んだ1970〜80年代、新たな造形に挑んだ1990年代以降──の3期に分け、時代順にリポートます。
さらに、未発表作も含めて、菊竹氏の全プロジェクトの現状を可能な限り調査しました。
資料的価値も高い一冊です。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533