HP内の目次へ・検索もできます! 没後百周年記念 日本語版■『既視感(デジャヴ)の街へ』-ロイヤルアーキテクト ゲオログ・デラランデ 新発見作品集-
          ●『風見鶏謎解きの旅』

9520号      9525号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻9524号 2012年9月16日
☆歴史の真実が明かされる!!☆
「表紙画像をクリックすると、はしがきが読めます。」内容紹介・PDF
没後百周年記念
日本語版
■『既視感(デジャヴ)の街へ』
-ロイヤルアーキテクト
ゲオログ・デラランデ 新発見作品集-


著:広瀬毅彦
発行:ウインターワークス
定価:4,725円(本体4,500円+税5%)
A5・457p

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
「表紙画像をクリックすると、はしがきが読めます。」
☆書評・産経ニュース
ゲオログ・デラランデ(Georg de Lalande 〈1872〜1914〉プロイセン・ロイヤルアーキテクト)
20世紀初頭、横濱で大成功を収めた、旧ドイツ領・シュレジア州出身のひとりのドイツ人建築家。
国指定重要文化財「風見鶏の館」設計者として有名なデラランデだが、戦後、ポーランドとなった故郷に残されていた大量の作品群を、筆者は発見する。まるで大正時代の横濱か神戸。
「シャドーコピーの街」が、隠れ里のように、東欧の田舎町に、眠り続けていたのだ。そこは外国なのに、日本のどこかで過去に見たような「既視感」に襲われ続ける「異界」でもあった。
一方、作品発掘の結果、東京では長年博物館公認で、デラランデ作品とされてきた、江戸東京たてもの園への移築保存対象の邸宅が、古写真発見により、彼の作品ではなかったことが判明する。 空前の近代建築ブーム。有名建築家作品の集客力の前には、時として、「設計者名の捏造」すら起きうる現実。
建築史研究者の闇とモラルをも問いかける書。41歳で客死した、デラランデ没後百周年記念出版。
尚、本書はドイツ・ライプチヒで出版されたものの輸入本です。(日本語)
ゲオログ・デラランデ(Georg de Lalande 〈1872〜1914〉)の京都に於ける業績としては、解体前の、三条旧YMCA会館があった。余り知られてはこなかったが、無名時代のヴォーリズは、このYMCA会館建設の工事監督に抜擢され、デラランデの弟子となっている。京都市内のデラランデ作品としては、旧YMCA会館の他に、この書籍で新発見した、YWCA旧本部建物もあった。YWCAとは、室町通出水通上ル近衛町にある、YMCAの姉妹組織で、女性向けの財団法人。
今もデラランデ作品として京都に残るのは、このYWCAの外構の赤煉瓦塀だけらしい。
近衛町のYWCAには、ヴォーリズ作品〈サマリア館〉が現存するが、1966年頃までは、師匠・デラランデの設計したYWCAの異人館〈フェルプス邸〉と並んで、同じ敷地に、師弟の作品が仲良く建っていたという・・・・・・。建築史とは何であろうか? 重層的賢知が必要である。山岸豊 拝
[目次]
序・デラランデ没後百周年記念出版に際して 4
第一章地図から消えていた故郷 11
第二章デラランデ七不思議
謎・其の壱デラランデを日本へ導いた謎の古城 61
謎・其の弐恋文としてのデラランデ作品 83
謎・其の参行方不明のデラランデ横濱自宅写真を追う 98
謎・其の四横濱VS神戸ゆかりの地はどちらに軍配? 109
謎・其の五信濃町「デラランデ邸」はデラランデ作品ではなかった 159
謎・其の六デラランデの同郷の大親友は朝鮮王朝御典医だった 232
謎・其の七新発見作品が物語るデラランデとヴォーリズの師弟関係 254
第三章ポーランドで発見した
デラランデ事務所建築作品集 277
第四章デラランデ・マジック 395
結語・ポーランドの一郷土史研究として
バウマイスター最終世代を飾ったデラランデ 452
本書では、地名の表記に関しては、原則として、全て当時のものを呼称としてそのまま使用した。
例えば、デラランデの故郷は、現在はポーランド領にあり、イェレニアグラと称されるが、彼の存命中は、ドイツ領で、第二次世界大戦終結後まで、ヒルシュベルグと呼ばれていた。

☆建築を多面的に見る!!☆

●『風見鶏謎解きの旅』

著:広瀬毅彦
発行:神戸新聞総合出版センター
定価:1,785円(本体1,700円+税5%)
273p・20cm
978-4-343-00532-8

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
神戸観光のメッカ、北野異人館街。今に残る異人館建築とそこに住んだ外国人たちの生活など、初めて明らかになる本当の北野異人館物語。
神戸観光の目玉“風見鶏の館”。その一家は、NHKドラマ「風見鶏」とは全く違う運命を生きていた。重要文化財なのに、建築年代が間違ったままなのはなぜ?ついに発見した風見鶏設計者ゲオログ・デラランデの故郷に百年以上眼りつづけていた真実とは?今こそ、デザイン都市神戸を読み解く、“源流”発見の旅へ―。
[目次]
第1章 北野異人館街終焉を看取ったカメラマン;
第2章 コーベ・キンダー;
第3章 謎だらけだった過去―新発見史料から解き明かす本当の風見鶏物語;
第4章 「風見鶏」の故郷へ



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533