HP内の目次へ・検索もできます! 『ゴシック建築大成』

8617号      8619号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8618号 2011年10月5日

『ゴシック建築大成』

著:パウル・フランクル
訳:佐藤達生、辻本敬子、飯田喜四郎
発行:中央公論美術出版社
定価:60,900円(本体58,000円+税5%)
B5・口絵8p・本文776p
978-4-8055-0661-5

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
ゴシックの建築文化は、ヨーロッパの永い芸術史の中でも最大級の規模と質の高さで、他の芸術様式から抜きんでている。フランクル(1878-1962)は、一代を画した美術史家ヴェルフリンの高弟であり、本書はその様式理論を450年の永きにわたる全ヨーロッパのゴシック建築に適用して総合的な理論の構築を体系化した、数あるゴシック研究における並ぶもののない空前絶後の労作である。校訂者クロスリーの15年に及ぶ詳細を極めた注釈・解説付き決定版。
[目次]
謝 辞(ポール・クロスリー)
概 説(ポール・クロスリー)
初版に対する編集者の注記(ニコラウス・ペヴスナー)
初版の序文(パウル・フランクル)
第1部 ゴシック建築の歴史
  序 論
  第1章 過渡期
  第2章 初期ゴシック様式
  第3章 盛期ゴシック様式
  第4章 後期ゴシック様式
第2部 ゴシック建築の基本問題
用語解説・参考図版・参考文献・索引
訳者あとがき



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533