HP内の目次へ・検索もできます!  イタリア・ルネサンス建築史ノート〈1〉 『ブルネッレスキ』

8616号      8618号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8617号 2011年10月5日

イタリア・ルネサンス建築史ノート〈1〉
『ブルネッレスキ』

著:福田晴虔
発行:中央公論美術出版社
定価:6,825円(本体6,500円+税5%)
A5・344p・挿図179点
978-4-8055-0667-7

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
[続刊予定]
A5 判上製カバー装 各平均350頁 各予価6,825円(本体6,500円+税5%)
第2 回配本 第2 巻 アルベルティ 2012 年秋刊行
第3 回配本 第3 巻 理想都市 2013 年秋刊行
第4 回配本 第4 巻 ブラマンテ 2014 年秋刊行
いまだに多くの妄説と誤解に包まれたイタリア初期ルネサンスの建築家ブルネッレスキ(1377-1446)を、史料と遺構の徹底的な再検討を通じて洗い直し、「建築」の独自性追求という視点から捉え直す試み。永きにわたり西洋建築の世界を渉猟してきた著者による、イタリア初期ルネサンスの建築家シリーズの第一巻イタリア初期ルネサンス建築家シリーズの第1巻ブルネッレスキの全作品の展望と研究のための典拠を網羅、詳細な年譜と参考文献を付す。フィレンツェ大聖堂クーポラの建造に生涯をささげた近代的技術者の先駆、「透視図法」の創始者、「古典建築復興」の立役者などと位置づけられてきたブルネッレスキ(Filippo Brunelleschi,1377-1446)を、絵画や彫刻とは異なる「建築」の独自性追求という視点から捉え直す試み。中世的な因習にとらわれた職人世界と、新たな市民社会の中で通俗化してゆく古典復興ブームとの狭間にあって、それらと衝突を繰り返しながら不羈の前衛的姿勢を貫き通し、建築のあるべき姿を問い続けたブルネッレスキの業績は、西欧建築の世界に後戻りを許さないための大きな礎石となった。いまなお多くの妄説と誤解に包まれたブルネッレスキ像を、史料と遺構の徹底的な再検討を通じて洗い直そうとする。
[目次]
はしがき
I.「建築」に向かって
 アルベルティによる賛辞/ La Novella del Grasso とブルネッレスキの容姿/彫刻家ブルネッレスキ/洗礼堂扉競技設計/ローマ遺跡調査/未知なる「建築」
II.フィレンツェ大聖堂クーポラ
 アルノルフォ・ディ・カムビオからフランチェスコ・タレンティまで/クーポラの競技設計/仮枠なしによるクーポラ建造/ブルネッレスキとギベルティ/ブルネッレスキの器械/ゴシックか古典か―空間尺度としての建築/ランターン(頂塔)/ドラム側面の「エディコラ」(屋形)
III.透視図法
 マネッティによる説明/ギベルティの透視図法/透視図法とルネサンス絵画/正統作図法/透視図法研究とブルネッレスキ評価
IV.オスペダーレ・デリ・インノチェンティ
 最初のルネサンス建築/工事経過とフランチェスコ・デッラ・ルーナ/空間の幾何学と古典モティーフ/都市空間と建築/市民社会の矛盾と建築
V.サン・ロレンツォ聖堂
 再建計画とメディチ家/聖堂広場計画とブルネッレスキ/ミケロッツォ、チァッケリ、ドメニコ・ダ・ガイオーレ/グリッド・プランと単位空間/ウィトルウィウスとブルネッレスキ
VI.サン・ロレンツォ聖堂旧聖器室
 祭壇上部の天空図と図像学/祭室の増築時期/比例体系/アムブレラ・ドーム/建築の基本単位としての「集中式聖堂」/ドナテッロと建築
VII.パラッツォ・ディ・パルテ・グエルファ
 フィレンツェ共和国とグエルフィズム/初期人文主義と都市/敷地買収経過と工事時期/ブルネッレスキと都市建築
VIII.住宅建築と軍事建築
 ヴィッラ・ラ・ペトライア/アポローニオ・ラピの家/バルバドーリの家/パラッツォ・カッポーニ/パラッツォ・パッツィ−クァラテジ/パラッツォ・ジゥンティーニ/パラッツォ・ブジーニ−バルディ/パラッツォ・ピッティ/城壁と城砦―軍事建築とルネサンス都市
IX.パッツィ家礼拝堂
 工事時期と設計者の問題/パッツィ家とサンタ・クローチェ修道院/既存の駆体と寸法体系/空間軸の直交
X.サント・スピリト聖堂
 聖堂再建と広場計画/ジゥリアーノ・ダ・サンガッロの図面/半円形アプスの屋根と高さ変更/交差部の処理とクーポラ/ブルネッレスキの計画手法/ファサードの問題
XI.サンタ・マリーア・デリ・アンジェリ修道院「ロトンダ」
 スコラリ兄弟の寄進/アムブロジォ・トラヴェルサリと集中式聖堂/「空間の造形」/復原の試み/サンティッシマ・アンヌンツィアータ聖堂の「ロトンダ」とブルネッレスキによる批判/終焉
XII.ブルネッレスキの周辺?ギベルティとミケロッツォ
 ギベルティと建築?サンタ・トリニタ聖堂聖器室/「天国の門」に見る建築表現/初期ルネサンスと「古典主義」 : ミケロッツォーコージモ・イル・ヴェッキオの初期の作事/ドナテッロとの共同作品、墓とプラト大聖堂説教壇/サン・ミニアート聖堂の「十字架のチャペル」/サン・マルコ修道院/パラッツォ・メディチと「ブニャート」/初期のメディチのヴィッラ群と「中世趣味」;トレッビオ、カファッジォーロ、モンテプルチアーノの市庁舎、カレッジ、フィエゾレ/晩年/「初期ルネサンスの危機」
年譜、参考文献目録、索引
あとがき



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533