HP内の目次へ・検索もできます! 『安藤忠雄 都市と自然』

8599号      8601号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8600号 2011年9月29日

『安藤忠雄 都市と自然』

著:安藤忠雄
発行:A.D.A. EDITA Tokyo
定価:2,450円(本体2,333円+税5%)
239p22cm
978-4-87140-675-8

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
時間とともに成長する建築 安藤忠雄
[目次]
第1章 都市の中の環境風土
 環境を取り巻く状況の変化
 大阪の町に提案し続ける
 日常性の豊かさ
 出発点ー阪神間の風土
 日常が持つ具象性と抽象性
 境界のない流れる水ーTIME’S
 文 環境に応える 1977
第2章 環境を意識すると建築も拡がっていく
 環境と対話し,同時に調和する
 歴史と自然環境を未来につなぐ
 「山」がつながり,地域をつくる
 風景を変えていく力
 場所から生まれるアートや建築
 地中で感じる自由さ
 サイト・プランニング=場所の感覚
 アートがまちを変えるとは
 削り取られた山
 自然の再生ー夢が託された庭園
第3章 世界の中の風土
 自然と関わりながら,時間をかけてつくり上げられた環境とは
 スカルバが示したもの
 ヴェネツィアで考え続ける
 歴史的な都市に挿入された単純なキューブ
 アジアを視野に
 中国というスピード感
 北京と上海
 森から始めること
 文 場を読む 1987
 対話 建築に対する文化を実感してつくる 2009
第4章 建築を育てること
 時間を経ることを考えると
 人の関わりを生む仕掛けとは
 境界を越えていくこと 二川幸夫との対話
 建築にとって敷地とは
 環境から人々が感じとるもの
 都市と自然の中の「人間性」



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533