HP内の目次へ・検索もできます!  建築文化シナジー 『Rhinoceros+Grasshopper』 -建築デザイン実践ハンドブック-

8506号      8511号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8507号 2011年9月5日

建築文化シナジー
『Rhinoceros+Grasshopper』
-建築デザイン実践ハンドブック-


著:ノイズ・アーキテクツ
発行:彰国社
定価:2,730円(本体2,600円+税5%)
127p26cm
978-4-395-24122-4

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
すでに世界のデザイン事務所で活用されている3Dアプリケーション「ライノセラス」とプラグイン「グラスホッパー」。建築の実務ですぐに役立つライノセラス+グラスホッパーの知識と使い方がコンパクトに詰まった決定版、ついに刊行!
[目次]
Chap.1 Rhinoceros
モデリングのキホン
 1 プロパティ/レイヤの設定
 2 ビューポートの設定
 3 オブジェクトの表示モードの設定
 4 ファイル形式の設定
 5 エイリアスの設定
 6 オブジェクトを選ぶ
 7 ビューを動かす
 8 スナップさせる
 9 モデリング補助機能を使う
モデリングの実践
 1 コマンドを入力する
 2 線を引く
 3 プレゼンシートを作る
 4 立体を作る
 5 作ったものをいじる
 6 複数のものを関係づける
 7 3Dオブジェクトを2Dにする

 8 モデルを整理する
 9 作ったものを評価する
Chapter2 Grasshopper
グラスホッピングのキホン
 1 グラスホッピングしてみよう!
 2 コンポーネントのしくみを知る
 3 データの型を知る
 4 キャンバスを整理する
 5 ベクトルの考え方を知る
 6 データの取り扱い方を知る
 7 データ構造を操る
グラスホッピングのジッセン
 1 アトラクターを使う
 2 サーフェスから垂直に線を出す
 3 決まったデータだけ選び出す
 4 大量のオブジェクトを管理する
 5 スクリプティングに挑戦する
グラスホッピングのソザイ
よく使うコンポーネント よく使うコンポーネント・セット



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533