HP内の目次へ・検索もできます! 『思想地図β vol.2』

8448号      8452号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

『思想地図β vol.1』 -特集:ショッピング/パターン-

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8451号 2011年8月23日

2011年9月3日 発売予定!!
『思想地図β vol.2』

編集:東浩紀
著:東浩紀 ,津田大介,和合亮一,藤村龍至,佐々木俊尚,
竹熊健太郎,八代嘉美,猪瀬直樹,村上隆,鈴木謙介,福嶋亮大,
浅子佳英,石垣のりこ,瀬名秀明,中川恵一,新津保建秀
発行:コンテクチュアズ
定価:2,000円(本体1,905円+税5%)A5

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
2011年3月11日に東日本一帯を襲った未曾有の大災害。そのような危機のなかで言論あるいはメディアになにができるのか、復興に向けてどのような思想、どのようなヴィジョンが必要なのか。言論誌としてあらためて自らの立ち位置を検証するとともに、新時代の言葉の可能性を開くべく、『思想地図β vol.2』を緊急出版します。
※本紙本体価格の3分の1を被災地への義援金とさせていただきます。
主な記事
巻頭言|震災でぼくたちはばらばらになってしまった 東浩紀
ルポルタージュ|ソーシャルメディアは東北を再生可能か 津田大介
震災と建築|復興計画β:雲の都市 藤村龍至+東洋大学藤村研究室
震災と言葉1|詩の礫 10 和合亮一
震災と社会|断ち切られた時間の先へ??「家長」として考える 猪瀬直樹+村上隆+東浩紀
大阪シンポジウム 災害の時代と思想の言葉 鈴木謙介+福嶋亮大+浅子佳英+東浩紀
仙台シンポジウム 災害で言葉になにができたか 石垣のりこ+鈴木謙介+瀬名秀明+東浩紀
震災と政治|震災復興とGov2.0、そしてプラットフォーム化する世界 佐々木俊尚
震災と文化|「終わりなき日常」が終わった日 竹熊健太郎
震災と科学|私たちはどのような未来を選ぶのか 八代嘉美
東大病院放射線治療部門 中川恵一
震災と言葉2|福島から考える言葉の力 和合亮一+東浩紀
災害言論インデックス??震災でひとはなにを語ったか 災害言論調査チーム……ほか



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533