HP内の目次へ・検索もできます! 『Diploma × KYOTO’11 京都建築学生之会合同卒業設計展』

8350号      8352号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8351号 2011年7月23日

『Diploma × KYOTO’11 京都建築学生之会合同卒業設計展』

著:京都建築学生之会
発行:総合資格
定価:1,890円(本体1,800円)
239p25cm
978-4-86417-032-1

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
近畿圏の建築学生による卒業設計の場として、今年度21周年を迎える「DiplomaKYOTO’11」の作品集。1989年の京都建築学生之会の発足当初より開催された「京都建築学生之会合同卒業設計展」。近畿圏の建築科に所属する学生たちの卒業設計の発表の場として続けられ、21周年を迎える今年度は「Diploma KYOTO’11」として、2月に「京都市勧業館みやこめっせ」で開催されました。
設計展のテーマは「コラージュ、その先…」。4年間の集大成として集まった作品たちがどのようにコラージュされるのか ― 。そして、学生たちを待つこれからの建築のあり方は ― 。本作品集にもそのテーマが引き継がれ、今後の建築の未来を指し示す内容となっています。
○全出展作品を紹介
作品紹介ページは、グランプリをはじめとした受賞作品を10〜6ページで紹介。
さらに200人を超える全出展者の作品を、作品写真1点とテキスト100文字程度で紹介しています。
○読み応えある審査会やシンポジウムの記事
審査会のレポートやシンポジウムのドキュメント、審査員へのインタビューなど、作品紹介以外のコンテンツも充実しています。
「審査レポート」では、1次選考〜3次選考へと審査の流れをレポート。審査風景の写真とともに、熱い議論が交わされた審査会の内容や雰囲気を伝えています。
○これから設計展に携わる人は必見!
「運営記録」の章では、「運営スケジュール」や「運営組織図」などを掲載。「運営メンバー座談会」では、作品展の中心となった実行委員のメンバー5人の学生たちが、設計展を振り返り、設計展開催に向けて奔走した日々の感想や反省点を語り合っいます。これから設計展を企画運営する人は必見です!
[目次]
開催概要
審査員・パネリストインタビュー
審査員:中谷ノボル / 永山祐子 / 藤原徹平 / 布野修司
パネリスト:勝矢武之 / 西澤明洋 / 納見健悟 / 前田茂樹
受賞者・ファイナリスト作品紹介
講評会レポート
出展作品紹介
シンポジウム記録
パネリスト推薦作品
運営記録
Discussion 1(運営メンバー座談会)
Discussion 2 (講評会運営メンバー座談会)
特別企画 1989 →2010 歴代参加者からのコメント
出展作品データ



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533