HP内の目次へ・検索もできます!  『覆る建築の常識』 -東日本大震災の教訓 都市・建築編- 『東日本大震災の教訓 土木編』

8251号      8253号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8252号 2011年7月10日

『東日本大震災の教訓 土木編』
-インフラ被害の全貌
大津波から人命と国土を守るための課題-

編:日経コンストラクション
発行:日経BP社
定価:3,990円(本体3,800円+税5%)
213p28cm
978-4-8222-6628-8

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
東日本大震災によるインフラ被害の全貌を、写真や図面をふんだんに使って詳報。専門家の分析をもとに、未曽有の大津波や地震動によるインフラの被災メカニズムを解説するとともに、「ハード」「ソフト」両面での緊急対応や防災対策の在り方を提示します。
[目次]
第1章 壊滅したインフラ
第2章 東日本大震災の特徴
第3章 津波による被害とメカニズム
第4章 地震動による被害とメカニズム
第5章 地域別・被害の全貌
第6章 ソフト対策の在り方
第7章 識者に聞く「東日本大震災の教訓」
第8章 復旧・復興の足取り
第9章 地震防災関連技術
第10章 東日本大震災の主要データ


『覆る建築の常識』
-東日本大震災の教訓 都市・建築編-


編:日経アーキテクチュア
発行:日経BP社
定価:3,150円(本体3,000円+税5%)
207p28cm
978-4-8222-6688-2

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
津波や液状化現象、長周期地震動、非構造部材など震災で露呈した新たなリスクと対応策を実例で解説。将来の建築計画や街づくりの在り方を提示。一般メディアが注目しない建物被害を網羅的に分析。震災に耐える都市や建築のヒントを実例から探る。被災したり避難所になったりした著名建物をリポート。
[目次]
1 フォトルポ(街をのみ込んだ津波;非構造部材が凶器に ほか);
2 被害から探る課題と対策(対策はゼロからの出発―津波/分析;津波避難ビルの指針―津波/解説 ほか);
3 地震分析(1000年に1度の規模―計測記録/解説;観測体制の改善を図れ―計測記録/分析);
4 有名建築、震災後(最上階の天井パネルが崩落―地震被害/せんだいメディアテーク;
              入り江の展示棟が大破―津波被害/宮城県慶長使節船ミュージアム ほか);
5 復旧・復興への道筋(見え始めた再生の青写真―計画/岩手・宮城;
               原発被災地で再起の第一歩―計画/福島 ほか)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533