HP内の目次へ・検索もできます!  『淡交別冊 第59号 仁清・乾山』 −いま明かされる、名工の真実−

8235号      8237号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8236号 2011年6月19日
『淡交別冊 第59号 仁清・乾山』
−いま明かされる、名工の真実−


編集・発行:淡交社
定価:1,600円(本体1,524円)
A4・112p(カラー64p)

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
近世初頭、京焼が生んだ名工、野々村仁清と尾形乾山。それまでにも京焼は焼かれていましたが、個人名を冠したやきものは存在しませんでした。この二人の存在で京焼はブランド化し、世界に誇れるやきものとなったといっても過言ではありません。また、その伝統やデザインは今日まで受け継がれ、古さを感じさせません。今号では、今なお人気を博する仁清と乾山にクローズアップし、その魅力の謎に迫ります。
[目次]
巻頭特集
野々村仁清の御室焼
 仁清の作品について、今までとは異なる視点から紹介
乾山のうつわに料理を盛る
 実際に料理を盛り、その真髄を目の当たりにする
春、桜を愛でる茶事
 わび数寄のなかでの仁清・乾山を知る
仁清・乾山の心を受け継ぐ現代作家
東山大茶会と仁清・乾山の茶陶
 大正十年に行われた大茶会の全貌を検証
シリーズ 対談 道具商が語る思い出の数寄者 
詳しい目次



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533