HP内の目次へ・検索もできます! 『TPPと日本の国益』

8227号      8229号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8228号 2011年6月14日
『TPPと日本の国益』

共著:鈴木宣弘、木下順子
発行:全国農業会議所
販売:大成出版社
定価:900円(本体857円+税5%)A5
978-4-8028-3003-4

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
TPPと強い農業は両立しない!日本の農業の進むべき方向を示す!TPP問題を考える、これからの日本のFTA戦略を考える、国内農業はなぜ必要か。
[目次]
はじめに
1 TPP問題を考える
 ・TPP問題とは
 ・「農業保護vs国益」の構図ではない
 ・日本のFTA推進の障害は農業ではなかった
 ・日本の農業保護度はすでに低い
 ・戸別所得補償のための財政支出額試算
 ・TPPで重要品目の例外化は可能か
 ・TPPの経済効果に関する各試算の比較
 ・外部効果も含めたTPPの影響評価を
 ・輸出産業は衰退してもいいのか
2 これからの日本のFTA戦略を考える
 ・「自由化」の意味
 ・FTAの本質
 ・「例外なし」が優れたFTAだというのは間違い
 ・アジアとのFTAは「協力と自由化のバランス」で
 ・まずASEANプラス3からアジア圏拡大へ
3 国内農業はなぜ必要か
 ・食料は国民の命を守る戦略物質
 ・国債分業か、自給か
 ・食料危機は「人災」だった
 ・食料争奪の時代は来るか
 ・農産物輸出国の手厚い農業保護
 ・食料自給率は国民が決める数字
 ・生産調整から販売調整へ
 ・本当に「強い農業」と食の未来に向けて



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533