『生命体「黄河」の再生』

8179号      8186号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻8185号 2011年6月3日

『生命体「黄河」の再生』

編著:李国英、芦田和男、澤井健二、角哲也
発行:京都大学学術出版会
定価:5,040円(本体4,800円+税5%)
476p23cm
978-4-87698-555-5

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
世界で最も流出土砂の多い黄河では、環境の劣化が進み、黄土高原の砂漠化や断流現象が大きな社会問題となっている。日本でも、多くの河川においてダムに土砂が堆積することにより、ダムの寿命が脅かされ、海岸侵食などの流域全体の環境への影響が懸念されている。黄河の最新事情を正しく理解し日本の流砂環境問題を考える一冊。
[目次]
第1部 黄河に学ぶ
     (黄河の“清”“濁”と黄土高原の緑化;黄河流域の水文特性の長期変化;
     黒部川の連携排砂と黄河の調水調砂(黄河と日本の流砂制御比較);
     「海洋のウツロ」(感潮囲繞水域)を利用した黄河の治水と水質浄化の提案);
第2部 黄河の健康な生命の維持
     (河川の生命概論;黄河の健康な生命維持とそのシステム;
     「三つの黄河」の提起とそのおもな作用;黄河の調水調砂;
     黄河洪水の制御、利用と改修;黄河の粗粒土砂を制御する「三つの防御線」;
     黄河の水砂調節システムの構築;黄河下流河道の整備方針)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533