現代建築家コンセプト・シリーズ 9『ダブルネガティヴスアーキテクチャー』-塵の眼、塵の建築-

8105号      8107号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂:メールマガジン通巻8106号 2011年5月11日
現代建築家コンセプト・シリーズ 9
『ダブルネガティヴスアーキテクチャー』
-塵の眼、塵の建築-

著:ダブルネガティヴスアーキテクチャー
発行:INAX出版
定価:1,890円(本体1,800円+税5%)
159p21cm
978-4-87275-168-0

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
ダブルネガティヴス アーキテクチャー(dNA)は、建築家・市川創太を中心に、構造家、デザイナー、メディア・アーティスト、音楽家などから構成され、1998年から活動をつづけています。彼らの関心はまず、現在、建築を可能にしているさまざまな単位、記号、平面図や立面図・断面図、パースなどのノーテーションそのものに向けられ、「建築家の言語の限界は、建築の限界か?」と問うことからはじまります。昆虫のような複眼がなめらかに連続した「Super Eye」を携え、塵に変態して、目を、耳を、感覚を、認識を変化させてみると、空間や建築はどのような形をとり、どのような可能性を獲得するのでしょうか。
リンデンマイヤーシステム、人工生命、セル・オートマトン、スモール・ワールド・ネットワーク、アルゴリズム、データマイニングなどの知見を蓄えつつ実践へと結実していく、複雑かつ実験的なプロセスを約200点の図や写真とともに徹底的に紹介し、もうひとつの空間・建築像を展開する、実験的な一冊です。bilingual。
[目次]
* イントロダクション
* ノーテーション
* 空間ノーテーション
* 次元を保つ
* どこから、どちらの方向に
* 描きにくいもの
* エイリアンの視点
* なめらかな複眼
* スーパー・アイ(超眼)
* 主観的/極座標
* 皮膚への深度
* 世界の中心
* コーポラ
* 形態や構造は視点のネットワーク
* 群れ
* 量的問題と自律性
* 人間の空間知覚を補う
* 内なる視点
* 局所決定
* 凝固
* 生命の複雑さ
* 賢い塵
* 総体/場所性/可視性
* 建築の神経
* 環境の反射
* 完成予想図
* 継承
* 凍結と開放
* 番犬
* 塵の眼
[Contents]
* Introduction
* Notation
* Spatial Notation
* Retaining Dimensions
* From Where to Where?
* Things That Are Hard to Draw
* The Alien Viewpoint
* Smooth Compound Eyes
* Super Eye
* Subjective / Polar Coordinates
* Depth to Skin
* The Center of the World
* Corpora
* Structure as a Network of Viewpoints
* Flocks
* Autonomy and the Problem of Quantity
* Augmenting Human Spatial Perception
* Inner Viewpoints
* Local Decisions
* Condensation
* Life Is Complex
* Smart Dust
* Corpora / Site / Sight
* Architectural Nervous Systems
* Reflecting the Environment
* Final Rendering
* Inheritance
* Freezing / Freeing
* Watchdogs
* Dust Eyes



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533