『ジェイコブズ対モーゼス』-ニューヨーク都市計画をめぐる闘い-

8093号      8095号



『電子図書館』創設
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂:メールマガジン通巻8094号 2011年5月9日
『ジェイコブズ対モーゼス』
-ニューヨーク都市計画をめぐる闘い-


著:アンソニー・フリント
訳:渡邉泰彦
発行:鹿島出版会
定価:3,150円(本体3,000円+税5%)
318p19cm
978-4-306-07289-3

★送料をお選び下さい。  ■webからご注文サイト・書名等をコピーしてペースト下さい。

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
連邦政府、ニューヨーク州と市の強力なバックアップのもとに、第二次世界大戦を挟んでその前後、1970年代までニューヨークのマスター・ビルダーとして君臨したロバート・モーゼスと、一介の住民代表でフリー・ジャーナリスト、ジェイン・ジェイコブズとの間の30年間にわたるワシントンスクエアパークとその周辺環境の保全をめぐる壮絶な闘い。現在、都市計画を学ぶ者にとってバイブルともいえる必読の書、ジェイコブズの『アメリカ大都市の死と生』がいかに生まれたか、その誕生の背景が明らかにされ、今日、日本でも常に直面する「開発か保全か」の問題の本質がすでに鮮やかに描き出されている。
[目次]
序章 混乱と秩序;
第1章 スクラントン出身の田舎娘;
第2章 マスター・ビルダー;
第3章 ワシントンスクエアパークの闘い;
第4章 グリニッジ・ビレッジの都市再生;
第5章 ローワーマンハッタン・エクスプレスウェイ;
終章 それぞれの道



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533