HP内の目次へ・検索もできます!  『大学の棟梁』 -木工から木育への道-

7984号      7991号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7990号 2011年4月9日


『大学の棟梁』
-木工から木育への道-

著:山下晃功
発行:海青社
定価:1,680(本体1,600円+税5%)
四六・198p
978-4-86099-269-9

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
木工を通じた教育活動として国民的な運動となりつつある「木育」。長年にわたり、教育現場で「木育」を実践し、その普及に尽力してきた著者の半生を振り返るととともに、「木育」の未来についても展望する。
[主要目次]
はじめに
1 私と木工の宿命
2 大学での木材・木工教育
3 大学教官としてスタート
4 かんな削りの研究開始へ
5 学会でかんな削りの研究発表
6 髪毛とかんな台の刃口距離
7 中空を舞う削り華
8 唐木削りの立刃かんな
9 私の研究は道具「かんな」
10 いよいよ博士論文完成へ
11 木工作業動作研究(1) かんな削りの指導法
12 木工作業動作研究(2) のこぎりびき・きりもみ・くぎ打ちの指導法
13 研究成果の社会還元に向けて
14 島根大学公開講座「木工教室」
15 公開講座「木工教室」の継続学習への発展
16 中高生の全国木工スキルコンテスト
17 全国中学生ものづくり競技大会のスタート
18 全国中学生ものづくり競技大会の変遷
19 カルホーン先生との交流
20 カルホーン先生との友情二十三年
21 技術科教員養成の反省と期待
22 将来の技術教育の夢に向かって
23 熱くなれ!! 「木育」
24 木と木工の復権
25 NHK・BShi 「アインシュタインの眼」放映
26 中学校・技術科教師をめざす大学生、木工実習で活き活き
27 超人気授業「くらしの中の製作技術」
28 我こそは、本物の教員養成学部の教授なり!!
おわりに



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533