HP内の目次へ・検索もできます!  百の知恵双書−VISUAL STUDY BOOKS−016 『「木組」でつくる日本の家むかしといまを未来につなぐ家づくり』

7965号      7967号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7966号 2011年3月28日


百の知恵双書
−VISUAL STUDY BOOKS−016
『「木組」でつくる日本の家
むかしといまを未来につなぐ家づくり』


著:松井郁夫
発行:農山漁村文化協会
定価:2,800円(本体2,667円+税5%)
158p25cm
978-4-540-05001-5
送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
これからは,地元の木を組んで家を作る。耐震性も高く納得,安心。職人も町も山も喜ぶ。
新建材で覆い尽くされ、三〇年そこそこでゴミにされてしまう国籍不明の今どきの日本の住まい。かつて日本の家は近くの山の木を使い、大工が木と木を組んで丈夫な架構の長寿命の家をつくっていた。それが美しい町並みの景観となっていた。古民家の骨組みはどのように合理的なのか。開放的で耐震的な家づくりの秘密はどこにあるのか。気候風土に根ざした長寿命の家づくりとはどんな家づくりのことか。古民家に学んだ家をつくることが、山と職人と住まい手をつなげ、荒れた日本の山々を再生させることにつながる。これからの「日本の家」づくりのありかたを伝える実践の書。
[目次]
第1章 木組が支えた日本の家
     (民家の木組に学ぶ;合理的な古民家の架構;開放的で耐震的な家づくり ほか);
第2章 「木組の家」づくりと設計者
     (家づくりと設計者の役割;気候風土に根ざした家;家づくりと地域景観 ほか);
第3章 住まい手と山と職人をつなぐ
     (家づくりを山づくりにつなげる;ワークショップ「き」組の家づくり;
      木組は人組―「木組」でつくる日本の家)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533