HP内の目次へ・検索もできます!  『建築ジャーナル 2011年3月号 No.1180』 -特集:歴史ある住宅を次世代に残す手段を探れ-

7951号      7957号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7956号 2011年3月26日


『建築ジャーナル 2011年3月号 No.1180』
-特集:歴史ある住宅を次世代に残す手段を探れ-

編集・発行:建築ジャーナル
定価:900円(本体857円+税5%)

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
2010年末の税制改正で、相続税の増税が決まり、課税対象者は現在の4%強から、2011年4月以降6%台に上がる見込みだ。中でも、東京都内では、20%を超す地域がかなり出てくるとも言われ、緑に囲まれた低層の歴史ある住宅が、高層のマンションもしくは、土地が分割されてミニ開発されていく可能性が増す。相続税を主軸に、名住宅を次世代に残すことができるか、今後の対策について考える。
「歴史ある住宅を次世代に残す手段を探れ」より
[目次]
相続税だけが問題ではない。都市計画法で宅地の緑を「公」に位置づけよ
―後藤治 006
CADで正確性担保、利用状況に応じた区分評価が節税に有効
―河合伸泰 009
建物保全活用などが提案できるヘリテージマネージャー養成
―神奈川県 010
歴史ある建物の保存に向けて、防火・構造・仕上げ材の特例を
―菅孝能 011
大正15年築の里見ク邸を設計事務所と地域交流の場に
―久恒利之 012
所有者に残す意志があれば、建物保存は無限に広がる
―伊郷吉信 014
京町家を「まちづくり信託」で住み継ぐ
―石田光廣・桐生幸之介・西天平 016
歴史的景観資源を結び、地方都市のブランドつくれ
―三原宏樹 018
ディベロッパーの手に渡った「新前川國男邸」を救えた理由とは?
―木下壽子 020
[ひと]
オピニオンの視線 空間に豊かな表情を生み出す紙の世界―嘉戸浩 026
[論評]
馬淵ビジョンの基本法制定を大畠国交相は即実行示せ―神田順 003
[地域の話題]
東日本 町に石場建ての家をつくる/JIA建築大賞「犬島アートプロジェクト
 『精錬所』」 ほか 034
中部 岐大跡地、伊東豊雄氏が最優秀者に/愛知県芸大、新音楽部棟建設へ 038
西日本 石場建て実大振動実験公開/京都会館改修問題/
 町家ダンメンツアー ほか 040
九州 九大六本松キャンパス解体/宮崎県産材でモデル住宅開発 ほか 044
[批評]
モダニズム建築のメッセージ(27) ペンシルヴェニア大学リチャーズ医学研究棟
 ―松隈洋 028
[建築と政治]
民意主導の「建築基本法」制定のために―江原幸壱 058
[実務]
古川保の伝統構法万歳!(28) 「水俣エコハウスの機器」 030
反電磁波講座(63) 「教育のデジタル化と電磁波」―加藤やすこ 032
折り紙建築士養成講座(36) 「三面相の家をつくろう」―木原隆明 054
[NEWS]
五十嵐太郎の先読み編集局(26) ラカンブルによる東京リサーチプロジェクト 048
World Report(25) パプアニューギニアの原生林を守る1 ラバウルとマラクル
 辻垣正彦 049
CULTURE CINEMA=志田歩 「平成ジレンマ」/BOOK=柳々堂 050
Information 051
OPEN HOUSE(12) 「吹上の家」 福井徹也 052
Focus 056
東日本建築集
建築最新事情 「ねぶたの家 ワ・ラッセ」
 (molo、ディーディーティー、フランク・ラ・リヴィエレ アーキテクツ)
建築集 東急設計コンサルタント(東京都目黒区)
 津島デザインスタジオ(東京都港区) 設計チーム木 協
同組合(秋田県能代市)
中部建築集
シード工房一級建築士事務所(愛知県尾張旭市) アーキ・キューブ(岐阜県岐阜市)
西日本建築集
永見龍一建築計画事務所(山口市) 渋谷建築設計事務所(広島県福山市)
空間工房用 舎行蔵一級建築士事務所(京都市上京区)
玄子空間デザイン研究所(大阪市西区) A1・ID設計(大阪府豊中市)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533