HP内の目次へ・検索もできます!  最新版 『公共住宅建設工事共通仕様書』

7936号      7940号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7939号 2011年3月19日

刊行予定 2011年5月発売予定!! ご予約下さい!!
最新版
『公共住宅建設工事共通仕様書』

編集公共住宅事業牡等連絡協議会
発行:創樹社
発売:ラノドハウスビレッジ
定価:8,400円(本体8,000円+税5%)
A5・1020p
978−4-88351-069-6

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
地球環境問題や建築基準法等新法令に対応、技術革新への対応及び施工実態の反映全国の公営住宅をはじめ都市再生機構住宅、公社住宅、官公庁等の宿舎の設計、施工には不可欠の設計者、建設業者、専門工事業者、資機材業者、必携の書で、3年ぶりの改定となります。また本書は、民間の共同住宅にも採用されています。
従前の平成19年度版に比べて、環境問題への対応をはじめ、建築基準法など関係法改正や公的規格等への対応、さらには技術革新への対応及び施工実態の反映、コスト縮減に資する仕様の対応など、大幅な改定となっています。
今回は、これまで別冊として発行していた「機材の品質・性能基準」は仕様書の中に統合して編集しております。平成23年度の建設 工事から当共通仕様書シリーズが適用されることになります。
[改定の主なポイント]
(1)環境問題への対応
 地球環境に配慮し、環境問題に対応した仕様等の反映。
(2)建築基準法等関係法令改正への対応
 法令改正内容への整合。
(3〉引用する公的規格等の改正との整合
 工事共通仕様書において引用しているJIS JAS JASS等の公的規格の改正内容に整合。
(4〉技術革新への対応及び施工実態の反映等
 技術革新への対応、安心・安全の確保への対応並びにコスト縮減に資する仕残の対応等。
(5)会員意見等のフィードバンク
 地方公共団体等の会員や関連する業界団体から改定要望・意見等を聴取し必要な品質性
 能等を確保。
(6〉他の公共仕様書等との整合他
 公共建築工事標準仕様書との整合を図り、公共住宅用の標準仕様書として、利用者の利
 便性向上。
積算基準(平成22〜24年は7月に発行の予定です。
共通仕様書の改定に伴い、積算基準のシリーズ(建築工事、電気設備工事、機械設備工事、屋外整備工事)4冊も大幅改定となります。7月の発行の予定。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533