HP内の目次へ・検索もできます!  『大前研一 洞察力の原点』 -プロフェッショナルに贈る言葉-

7882号      7886号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7883号 2011年2月24日


『大前研一 洞察力の原点』
-プロフェッショナルに贈る言葉-


著:大前研一著
発行:日経BPマーケティング
定価:1,575円(本体1,500円+税5%)
B6・267p
978-4-8222-4841-3
送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
・本当に強くなりたい人に贈るメッセージ
大前研一氏の膨大な著作から選りすぐった名言を基にして、「プロフェッショナルとは、いかにあるべきか」を定義するビジネスマンへのメッセージ集。本当に強くなりたいなら、ここから始めるしかない。
・答えのない時代を勝ち抜くすべてがある
今は苦しくても、これから始めることが失敗しても、自分の頭で考えて行動を起こすという態度を貫いていれば、答えのない時代の生き方、道なき道の歩き方もわかってくる。ジャングルでもオフロードでも全力疾走できるようになる――。
・洞察力が発揮される条件とは何か
決してあきらめず検証を続けることによって、自分なりの結論を出す。そして自分の立場で実行する方法を組み立て、執念深くやり遂げる。そうした一連の動作を絶え間なく続けることこそが「洞察力の原点」である。頭脳をフル回転させてロジカルに考え続けているときに、気づかなかった視点、見落としていた事実、不十分だった行動などを発見したときがチャンスなのである――。
[目次]
大前研一 洞察力の原点 プロフェッショナルに贈る言葉
序―――思考回路に焼きつけた言葉
第1章 答えのない時代に必要なこと
第2章 基本的態度
第3章 禁句
第4章 考える
第5章 対話する
第6章 結論を出す
第7章 戦略を立てる
第8章 統率する
第9章 構想を描く
第10章 突破する
第11章 時代を読む
第12章 新大陸を歩く
第13章 日本人へ
【著者情報】大前研一(おおまえ・けんいち)
1943年、福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。日立製作所原子力開発技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。日本支社長、本社ディレクター、アジア太平洋地区会長などを歴任。「ボーダレス経済学」と「地域国家論」を提唱し、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍。1994年にマッキンゼーを退職。1996年に起業家養成のための学校「アタッカーズ・ビジネス・スクール」を開設、塾長に就任。2005年に日本初の遠隔教育による経営大学院「ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学院大学」を設立し、学長に就任。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533