HP内の目次へ・検索もできます!  『GA JAPAN 109』 -特集 [今、構造家が面白い!]STUDIO TALK 石山修武-

7872号      7874号   


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7873号 2011年2月22日

『GA JAPAN 109』
-特集 [今、構造家が面白い!]
STUDIO TALK 石山修武-


編集・発行:A.D.A. EDITA Tokyo
定価:2,450円(本体2,333円+税5%)
168 total pages, 64 in color
978-4-87140-908-7
送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
[目次]
特集:[今、構造家が面白い!]
平田晃久が四人の構造家にインタヴュー
「社会構造自体を変えていくエンジニアリング」 金田充弘
「〈普通さ〉からスタートして現代的な複雑性をつくる」 小西泰孝
「解析と施工の技術を素材に対する感覚でつなぐ」 佐藤淳
「各時代に適応する〈力の流れ〉を見出す構造的手法」 新谷眞人
連載
STUDIO TALK 石山修武
20年間にわたる学生の変化
個別性をデフォルメしていく 
特異ではあるがカオスではない社会
微妙に変えていくことがデザイン 
建築学科の看板は絶対に外させたくない
矛盾が生むリアリティ 
触れない建築
編集的態度
アップデートを常に代謝していく建築史 
船に乗っている自分
作品
ねぶたの家 ワ・ラッセ molo+d/dt+Frank la Riviere Architects
「生き生きとした動きを内包する〈家〉」 仲田康雄・F. la Riviere
長崎港松が枝国際ターミナルビル Inter Media+NKSアーキテクツ
「松が枝フェリーターミナル」 末廣香織・末廣宣子・佐々木信明
ちよだの森歯科医院 小川博央
「思い掛けない多様さを生み出す五五個のセル」 小川博央
パンギョ・ハウジング 山本理顕
「コモンを再考する」 山本理顕
PLOT
「筑後広域公園芸術文化交流センター」編
設計:隈研吾+SUEP.
語り手:隈研吾・藤原徹平・神谷修平・末光弘和/SUEP. phase 2
二つのアネックスについて
「De Museum Complex」編
設計:藤本壮介、語り手:藤本壮介 phase 1
基本計画
「今治市伊東豊雄建築ミュージアム(仮称)」編
設計:伊東豊雄、語り手:伊東豊雄+S.S. phase 2
現場で感じたこと
時評
エッセイ
地球の細道 74 安西水丸
GA広場
世界の建築事情 二川由夫
薄いセラミックの組積による印象操作 隈研吾・梅澤竜也
燻煙乾燥させたケヤキとクスノキ 小川博央
円筒シェルとクラウドによるシティゲート 小嶋一浩・赤松佳珠子
重ね使いを前提にした五本のストライプ 乾久美子
海と陸の価値が混成した泡のような建築 平田晃久
〈閉じつつ開く〉劇場建築のジオメトリー 遠藤秀平
地面自体で地震の揺れを抑える!? 大林組



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533