HP内の目次へ・検索もできます!  『海外インフラ整備プロジェクトの形成』

7851号      7853号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7852号 2011年2月16日


『海外インフラ整備プロジェクトの形成』

共著:藤野陽三、赤塚雄三、金子彰、
堀田昌英、山村直史
発行:鹿島出版会
定価:3,360円(本体3,200円+税5%)
206p22cm
978-4-306-01149-6

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
アジア諸国に対する国際協力の経験豊かな5人の著者が、国際協力のあり方やプロジェクト形成の仕組みを体系的に、わかりやすく紹介。国際プロジェクトを、より身近に感じてもらうために、国際プロジェクトの実施機関が仕事をどのように進めるかを概説したあと、運輸交通分野の具体的なプロジェクトを2件(大型橋梁建設計画(バングラデシュ:パドマ橋)を含む高速道路プロジェクト、鉄道新線建設計画(インドの貨物専用鉄道)のフィージビリティ調査)を取り上げ、調査、計画、運用、資金調達などについて解説している。
[目次]
第1章 国際協力のあり方―開発途上国の貧困撲滅に向けて
    (貧困の撲滅と平和構築に向けて;開発援助システムの動向 ほか);
第2章 大河川架橋計画調査―バングラデシュ・パドマ架橋を事例として
    (バングラデシュとその国土;ジャムナ架橋からパドマ架橋へ ほか);
第3章 巨大プロジェクト調査手法開発―インド幹線鉄道貨物輸送力強化調査を事例として
    (巨大調査プロジェクトから何を学んだか?;調査の背景と枠組み構築 ほか);
第4章 環境社会配慮活動の展開
    (開発調査における環境社会配慮とは;事例研究‐1:インド国鉄幹線貨物輸送力
     増加計画 ほか);
第5章 広域経済圏形成への道筋
    (地域経済の国際化と越境交通の展開;メコン川流域諸国における広域経済圏形成 ほか)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533