HP内の目次へ・検索もできます! 『広葉樹資源の管理と活用』

7837号      7839号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7838号 2011年2月12日


『広葉樹資源の管理と活用』

監修:古川郁夫・日置佳之・山本福壽
編:鳥取大学広葉樹研究刊行会
発行:海青社
定価2,940(本体2,800円+税5%)A5・242p
978-4-86099-258-3
※ハードカバーの「特装版」(定価5,000円)

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
地球温暖化問題が顕在化した今日、森林のもつ公益的機能への期待は年々大きくなっている。本書は、鳥取大広葉樹研究会の研究成果を中心にして、地域から地球レベルで環境・資源問題を考察し、適切な森林の保全・管理・活用について論述する。
[主要目次]
はじめに  (古川郁夫)
1 章 ナラ林構成種の生態と生理(山中典和)
1.1 東アジアに生育するナラ類
1.2 ナラ類の生理生態的特徴
1.3 中国乾燥地域のナラ林の生態と生態系の修復
2 章 過湿環境に生育する広葉樹の耐性・適応性(岩永史子・山本福壽)
2.1 はじめに
2.2 過湿環境における広葉樹の成長
2.3 樹幹の形態変化と光合成活性
2.4 形態変化の季節的な差異
2.5 幹の形態変化と植物ホルモン
3 章 中国地方の多雪地におけるスギ不成績造林地の天然林化
   ―ブナ林復元か林業継続かの判定と目標林相の設定― (日置佳之・菅井理恵)
3.1 はじめに
3.2 東中国山地緑の回廊と事例研究地の概要
3.3 林分調査の方法
3.4 スギ人工林のブナ自然林への復元状況、復元可能性及び林業的価値の評価
3.5 総合評価とスギ人工林の取り扱い方針
3.6 まとめ
4 章 広葉樹林生態系における菌根共生(岩瀬剛二)
4.1 はじめに
4.2 菌根とは
4.3 菌根共生の機能
4.4 広葉樹林の菌根共生
4.5 菌従属栄養植物の菌根共生
4.6 おわりに
5 章 広葉樹二次林の再生と里山管理 (佐野淳之)
5.1 広葉樹林の分布と変遷
5.2 攪乱と二次林の再生過程
5.3 放置された里山の推移
5.4 里山の生態系管理
6 章 古代山陰地方の木器文化 (古川郁夫)
6.1 はじめに
6.2 焼失住居跡から出土した炭化建築部材の樹種と用途
6.3 低湿地遺跡から出土した湿潤木器類の樹種と用途
6.4 古代山陰地方の木器文化を特徴づける樹種
6.5 おわりに
7 章 広葉樹の材質成長 (土屋竜太・古川郁夫)
7.1 はじめに
7.2 未成熟材
7.3 広葉樹材の構成要素
7.4 代表的な材質指標
7.5 樹幹の成長段階
7.6 木部細胞の髄から外側に向かってのサイズ変動
7.7 木部細胞のサイズ・分布数の変動と樹幹の肥大成長の成長段階との関連
7.8 未成熟材が形成される時期と肥大成長段階との関連性
7.9 おわりに
8 章 広葉樹林流域における降雨流出と流路内の流れ (芳賀弘和)
8.1 はじめに
8.2 試験流域の概況
8.3 林 内 雨
8.4 降雨-流出応答
8.5 流路内の地形と地下水位変化
8.6 水資源・水環境を考慮した森林管理に向けて
9 章 山腹崩壊の実態とその予測―素因と誘因の特徴から―(小山 敢・多田泰之)
9.1 林地の利用と災害の実態
9.2 近年の土砂災害
9.3 山腹崩壊発生の素因となる土層構造
9.4 山腹崩壊の誘因の特徴と崩壊場所の予測
9.5 おわりに
10 章 林業用モノレールによる広葉樹材の集材 (市原恒一)
10.1 はじめに
10.2 林業用モノレール(林業用単軌条運搬機)による伐倒木の集材
10.3 林業用モノレールの概要
10.4 動力回生機構を装備したモノレール
10.5 試作モノレールの走行試験
10.6 試験走行により明らかになった改善点
10.7 おわりに
11 章 高分解能衛星画像と航空機 LiDAR を用いた森林情報の抽出
    ―鳥取大学教育研究林「蒜山の森」を事例として― (長澤良太・大木場 紫)
11.1 はじめに
11.2 調査対象地域および解析方法
11.3 高分解能衛星を用いた樹種情報の抽出
11.4 航空機 LiDAR データを用いた樹高情報の抽出
11.5 航空機 LiDAR データを用いた樹冠疎密度情報の抽出
11.6 サイバーフォレストの構築
資料「広葉樹研究」掲載論文抄録  (佐野淳之)
索引・用語解説
あとがき  (佐野淳之)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533