HP内の目次へ・検索もできます! 『近世東アジア海域の文化交渉』

7809号      7811号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7810号 2011年2月6日


『近世東アジア海域の文化交渉』

著:松浦章
発行:思文閣出版
定価:9,450円(本体9,000円+税5%)
A5・472p
978-4-7842-1538-6

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
海によって隔てられた東アジア諸地域間の交流は、波濤を越えた船の往来によって支えられていた。本書は清代帆船やその後に登場した汽船に乗って海を渡った人・物・書籍や文化をとりあげ、中国・日本・朝鮮・琉球などの人々の交流の諸相を明らかにする。
[目次]

序章 前近代東アジア海域間の文化交渉
第一編 日中の文化交渉
第一章 清「展海令」施行と長崎唐館設置の関係
第二章 来舶清人と日中文化交流
第三章 近代日中の架橋――上海航路の開設――
第四章 輪船商招局汽船の日本航行
第二編 海域を越えた文化交渉
第一章 朝鮮使節が北京で邂逅した琉球使節
第二章 清代帆船で波濤を越えた人々
第三章 海域を越えた船神たち
第四章 清代沿海帆船に搭乗した日本漂流民
第三編 言語接触に見る文化交渉
第一章 袁枚『随園詩話』と市川寛斎『随園詩鈔』
第二章 一九世紀初期に朝鮮・中国へ漂着した難民との言語接触
第三章 清代前期の広東・澳門における買辧
第四章 清朝中国人とイギリス人との言語接触
第四編 物流による文化交渉
第一章 清代帆船が持ち帰った日本書籍
      ――『知不足斎叢書』所収の日本刻書――
第二章 明清時代中国の海上貿易と陶磁器の流通
第三章 清国産豚の日本統治台湾への搬出について
第四章 日本植民地時代における台湾産包種茶の海外販路
終 章 近世東アジア文化交渉と中国帆船

初出一覧
中文提要
索引



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533