HP内の目次へ・検索もできます! 『100年経ても美しい日本の家を建てる』

7776号      7778号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7777号 2011年1月28日


『100年経ても美しい日本の家を建てる』

著:casa amareプロジェクト
発行:WAVE出版
定価:1,470円(本体1,400円+税5%)
158p19cm
978-4-87290-516-8

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
やっぱり、行き着いたのは「日本の伝統美」だった!
切妻、障子、土間、縁側……日本の粋をあつめた家で、暮らしたい。
わたしたちのDNAが育んできた伝統美と、現代の機能性を融合させた、「新しい日本の家」の建て方。
[目次]
第1章 日本の家の魂、「大黒柱」を追う
     (日本の家は、いまも昔も木で建てる;木材も産地が問われる時代に;
     大工の伝統の技術受け継ぐ工場)
第2章 日本の建築美の原点、「屋根」を探る(日本人の心に訴えかけるもの)
第3章 日本の家の心地よさの秘密、住の智恵を辿る
     (街並みを美しく彩る垣根;紙一枚であらゆる空間をつくり出す障子;
      日本人の暮らしをづくった畳;家の外と内をつなぐ魔法の縁側;
      家事の場であり、仕事場でもあった土間)
第4章 現代に生きる日本の家「カーサアマーレ」を建てる
     (切妻屋根に込められた家づくりの思想;木の奥深さに正面から向き合う;
      空間の表情を豊かにする障子の奥深さ;最先端のテクノロジーを導入した家;
      現代に受け継ぐ日本家屋の魅力)
第5章 日本の家で育まれる、「家族の暮らし」を描く
     (“一〇〇年の暮らし”を意識した家づくり;ある家族の一〇〇年の物語1
      casa amare 3×6;ある家族の一〇〇年の物語2 casa amare 3×8)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533