HP内の目次へ・検索もできます! ■『建築に内在する言葉』  ■『坂本一成 住宅―日常の詩学』

7764号      7771号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7765号 2011年1月25日


『建築に内在する言葉』

著:坂本一成
発行:TOTO出版
定価:2,940円(本体2,800円+税5%)
317p23cm
978-4-88706-316-7

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
現代における建築の意味を問う一冊。
本書は東京工業大学名誉教授である坂本一成氏の、40 年にわたる研究と設計活動における思考の過程を綴った論考集です。坂本氏は、住宅を主とした設計活動を行うとともに、大学においては研究者として建築教育に携わってこられたプロフェッサーアーキテクトです。故篠原一男の流れを汲む坂本研究室からは、アトリエ・ワンや西沢大良氏など数多くの卒業生を輩出しています。
社会と建築の関係をさまざまな角度から研究してこられた氏は、「私たちの日常はどのようにして世界に開かれるのか」と問います。こうした、現代社会における建築の意味を問う思考の軌跡は、建築をその構成要素や空間概念から、更にはビジュアルとしての図像性といった側面から多角的に分析、解釈しようという作業であり、自身の作品へのリアリティーを裏付けるためのものでもありました。それはまさに「建築とは?」「住まうとは?」といった根源的な問題を解き明かそうと真摯に追求し続けてきた自己との対話の軌跡でもあります。
[目次]
まえがき
序 建築構成の修辞と論理、そして詩学
自由で解放的な、そしてニュートラルな建築の空間
第一部 建築の修辞
I 住宅・建築の意味作用
〈住むこと〉、〈建てること〉、そして〈建築すること〉
建築での象徴作用とその図式――両義的なことの内に
覆いに描かれた〈記憶の家〉と〈今日を刻む家〉
――建築でのアイデンティティと活性化/建築の外形を例として
II 建築の構成
構成の形式としての建築
閉鎖から開放、そして解放へ――空間の配列による建築論
〈スモール・コンパクト・ユニット〉と
〈アイランド・プラン〉による都市居住と都市環境
構成形式と現実の緊張関係によるスケールから生まれる詩的インパクト
第二部 建築意匠の論理
I 建築構成の基盤
柱の意味の基盤――実体と表徴のあいだに
部屋の意味の基盤――異化と同化のあいだに
II 建築における図像性
1 環境としての建物と対象としての建物
2 所有対象としての住宅
3 建築の形象の記号作用と象徴作用
4 建築の空間
5 建築での図像性とその機能
あとがき
著作目録
作品目録
■『坂本一成 住宅―日常の詩学』
著:坂本一成 発行:TOTO出版
定価:3,000円(本体2,857円+税5%)菊判・280p 978-4-88706-204-7
坂本の理論と実践をあますところなく紹介。
坂本一成の全16作品とプロジェクト13作品を写真・図面・書き下ろしの解説文で紹介するとともに、思考の展開と構築が読み取れる主要11論文を収録し、プロフェッサー・アーキテクトでもある坂本の理論と実践をあますところなく紹介。



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533