HP内の目次へ・検索もできます!  『都市計画』 -根底から見なおし新たな挑戦へ-

7746号      7751号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7750号 2011年1月21日

『都市計画』
-根底から見なおし新たな挑戦へ-

編著:蓑原敬
著:西村幸夫、佐藤滋、他
発行:学芸出版社
定価:2,940円(本体,800円+税5%)
A5・272p
978-4-7615-2501-9

送料をお選び下さい!  ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
痛切に求められている「地域の安定と活性化」を実現するには、成長時代の都市計画を脱皮し、地域による地域のためのまちづくりを切り開かねばならない。何から始めるべきか?この分野の第一級の論者に、福祉・交通分野の専門家も加え、自治体、市民、専門家の連携で、総合的な都市政策と直結する都市・地域計画を提言する。
[目次]
まえがき
 蓑原 敬
序章 大きな曲がり角にある都市計画・まちづくり
 蓑原 敬
1 何故、今が大きな曲がり角なのか
2 基本的な問題意識を共有できるかどうか
3 問題意識共有後に向けて
補論 1960年代に日本は大きな曲がり角を経験した
1編 都市計画を根底から見なおす
1章 近代日本都市計画の中間決算
   ──よりよい都市空間の実現に向けて
 西村幸夫
1 新しい時代の都市計画の姿とは
2 現行都市計画制度に対する六つの素朴な疑問
3 これからの都市計画の望ましいあり方に向けて
2章 地域協働の時代の都市計画
   ──まちづくり市民事業からの再構築
 佐藤 滋
1 地域協働の時代への胎動
2 地域協働の時代の都市計画と都市像
3 都市計画は何に挑戦するのか
4 地域協働社会を築く「まちづくり市民事業」
5 市民事業を核とした多主体連携の姿
6 地域協働の都市計画が備えるべき制度と仕組み
3章 まちづくり条例による国際標準の計画制度
   ──持続可能な都市圏構造と日常生活空間の実現のために
 大方潤一郎
1 持続可能な都市空間
2 国際標準の空間計画制度
3 日本の計画制度の課題と備えるべき要件
4 新たな計画システムの構成
4章 分権下における広域計画
   ──続・都市計画と公共性
 中井検裕
1 「小さな公共性」を前提とした「大きな公共性」論の必要性
2 広域計画の今日的意義
3 広域計画の論拠
4 広域計画の決定主体
5 広域計画の制度
2編 総合的な都市政策と直結する都市計画へ
5章 都市交通戦略のあり方
   ──公共交通を中心とした展開の方向性
 中村文彦
1 持続可能な都市を実現する公共交通
2 政策立案の観点
3 政策評価の観点
4 具体的な展開について──モビリティ・デザインの実践へ

6章 コミュニティとしての都市
   ──定常型社会と「福祉都市」のビジョン
 広井良典
1 コミュニティとしての都市
2 定常型社会における地域
3 福祉都市──都市政策と福祉政策の統合
7章 地域主権における住宅政策
   ──住まいまちづくり政策の多面的な展開
 小川富由
1 住宅政策の歴史
2 都市の成熟化と住宅政策の変化
3 住宅政策の評価
4 基礎自治体における住宅政策の展開
5 地域主権下での住宅政策
8章 地域を豊かにするガバナンスと協働の展望
   ──見沼田圃の保全とホームレス支援の現場から
 若林祥文
1 アーバンフリンジ地域における持続可能性のある
      土地利用整序体系のあり方を模索して
  ──埼玉県見沼田圃地域における活動から
2 住宅喪失者にほっと一息できるすまいの提供
  ──NPO法人・ほっとポットによるホームレス支援の取り組み
9章 地域主権における都市と地方自治体
   ──横浜市の現場から
 木下眞男
1 画一から分権へ
2 都市デザイン
3 土地利用のコントロール
4 プロジェクト
5 市民との協働
6 民間開発の協議と誘導
7 21世紀の都市づくり



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533