HP内の目次へ・検索もできます!  チルチンびと別冊34号 『左官と建築』 -暮らしに自然を取り戻す手仕事の美-

7705号      7707号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7706号 2010年12月23日


チルチンびと別冊34号
『左官と建築』
-暮らしに自然を取り戻す手仕事の美-

編集:小林澄夫
発行:風土社
定価:2,400円(本体2,286円+税5%)

送料をお選び下さい! ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
大工と並んで住まいづくりに欠かせない存在である左官。「大地から得た土、藁を水と合わせ、住まいの壁と成す」という左官ならではの風景は、かつてはどこでも見られる、ごく当たり前のものでした。一方その歴史は、一説によれば聖徳太子が、建築に関わる土の仕事を左官、木の仕事を右官と命じた、と伝えられるほど古いものです(右官とは、今でいう大工のこと)。日常の風景でありながら貴重な文化でもある左官の世界。それが目の前から消えようとしています。いま再び私たちの手に取り戻すべく、「チルチンびと」は、別冊34号『左官と建築』を刊行いたします。水先案内人は、40年の長きにわたって左官と共に生きてきた元『左官教室』編集長・小林澄夫。これから家を建てようとしている方はもちろん、施工に携わる方や設計に携わる方にも、ぜひ読んでいただきたい一冊です。
[目次]
左官・挾土秀平の世界
左官職人 加藤信吾
左官入門 横川倫子・小林澄夫
左官の仕事とは
塗り壁の素材を知る
左官の仕事の大きな流れ
塗り壁の下地づくりから仕上げまで
場所の生み出す左官のかたち
全国「塗り壁」散歩 小林澄夫
 誰でも気軽に訪ねることができる左官の見どころ
花咲く左官術 小林澄夫
塗り壁歳時記
土壁を科学する
地震と“やわらかく”付き合う
「木と土の家」を火から守る
「土壁が呼吸する」という意味
建築家と左官表現 その作例から学ぶ
上野英二
 泉幸甫
 北田たくみ
 高橋昌巳
次代を担う手と目を育てる <左官を考える会>の取り組み
土と出会う場所 INAX 土・どろんこ館
無垢の木と塗り壁でつくる家
(チルチンびと「『地域主義工務店』の会」工務店の施工事例より)
 勇建工業(愛知県)
 西渕工務店(愛媛県)
 高陽建設(香川県)
左官用語集
塗り壁材カタログ



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533