HP内の目次へ・検索もできます! 『飲食店の企画プロデュース』 -資料作成と設計チェックリスト-

11808号      11810号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11809号 2015年10月07日
内容紹介PDF
『飲食店の企画プロデュース』
-資料作成と設計チェックリスト-


編集・発行:商店建築社
定価:(本体3,704円+税)A4
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
飲食店のデザインは奇抜さよりも、より長く経営できることが求められるようになった。
それには外食市場の現状をよく把握した上で、立地条件から人の配置、メニュー構成と採算、出店区画の動線計画に至るまで、あらゆる要素を熟慮しなければならない。そしてそれらをすべて盛り込んだ計画をオーナーに提案することこそがデザイナーの役割である、と作者は説く。
本書では、出店に関わるすべての要素をひとつ一つ詳説し、オーナーに提出する企画書のまとめ方とその実例を掲載し、初学者はもちろんのこと、コンサルタントやレストランプロデューサーを目指す方、経験豊富なデザイナーにとっても普段の実務の再確認が出来るように構成されている。
[目次]
第1章 飲食店の店づくりに携わる専門家の
仕事の種類と飲食店とは何かを知る
1 飲食店に関わる専門家の種類を理解する 006
2 飲食店づくりに関わるデザイナー・専門家の仕事依頼の起点と相関性 008
3 新しい時代に求められるデザイナー・専門家の資質と姿勢とは何か 009
4 飲食店づくりのための基礎知識を理解する/飲食店とは何か 010

第2章 飲食店づくりのための要素を理解する
1 飲食店の企画づくりの基本と知識を学ぶ 020
2企画書の基本的構成とは何か 022
1) 外食市場と業界を把握する 023
2) 業態コンセプトを想定する/進め方と手順 024
3) 立地・物件調査方法と実践 025
4) 事業計画の作り方と基礎知識 029
5) 厨房計画の基礎知識を理解する/オペレーションと作業動線計画の基本 042
6)平面計画の進め方を理解する/ゾーニングの基本と理論・飲食店とデザインの関係性 112
7) 商品開発とメニューコンセプト 119
8) 広告宣伝と販売促進 122
9) ユニフォーム選定方法と手順 124
10) 飲食店のブランディングの確立/飲食店のブランディングと認知力を上げる 125
11) 全体スケジュール作成と作業工程の把握 127

第3章 企画書のまとめ方と
資料づくりのポイントを理解する
1 プレゼンテーションは企画書の資料づくりで決まる/表紙は興味を持たせるスタートである。 130
2 企画書作成の基本とポイント 131
3 出店計画の目的/概要をまとめる/短く簡潔に分かりやすく 134
4 プランニング全体のチャート/業態構成する要素 134
5 外食市場分析・市場動向/
 消費者動向のデータ資料はビジュアルイメージが意思決定を左右する 135
6 消費者動向分析 136
7 業態分析/業種・業態の選定と位置づけを把握する 137
8 立地調査分析/立地選定と商圏競合店調査と資料づくりポイント 138
9 業態基本コンセプト/業態(特性)の想定は図表と箇条書きで分かりやすく 140
10 商品コンセプト・メニュー内容/メニューコラージュ作成手順 140
11 商品メニューリスト作成/ 商品メニューリストイメージをリスト化する前菜・主軸メニュー、
 サイドメニューの種類別にリスト化することが大切 142
12 店舗コンセプト/内装イメージコラージュの作成方法 142
13 平面計画の作成/全体平面図には飲食店のストーリーがある 144
14 厨房計画・厨房機器リスト/厨房計画はメニュー調理工程と適合していること 144
15 内装デザインパース作成方法の進め方とポイント 146
16 ユニフォームは歩く広告塔であること/ユニフォームの選定方法 147
17 店舗ロゴデザイン/店名は店の顔である 148
18 販売促進計画と内容を明確化する 149
19 事業計画/投資資金内訳・月間売上予測・年間収支計画・返済計画 150
20 開店スケジュール計画と表現方法 151
第3章-2 企画書の実例を見る 152

第4章 インテリアコーディネーター・デザイナー・
設計コンサルタント・レストランプロデューサー
として独立するための方法

パターン1 インテリアデザイナー・コーディネーターの 
       場合/デザイン事務所で実践業務を取得す
       る。経験を積み上げ独立するケース 170
パターン2 住宅メーカーで経験を積み上げデザイナー
       として独立するケース 171
パターン3 種々いろいろな専門分野を経験し時間を
       かけてデザイナーとして独立するケース
       171
パターン4 設計コンサルタント事務所で修行して設計
       コンサルタントとして独立するケース 172
パターン5 フードビジネスコンサルタント事務所で修行
       しレストランプロデューサーとして独立する
       ケース 172
パターン6 キッチンデザインコンサルタント事務所で
       修行しキッチンデザイナーとして独立する
       ケース 173
パターン7 インテリアデザイナー、レストラン
       プロデューサーとして独立を目指す
       人のための心得 173

■独立するための10の心得と具体的手法と姿勢
       1 あなたが独立するための10の心得 174
       2 独立するための具体的手法と姿勢 178



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533