HP内の目次へ・検索もできます! 『秦家住宅 京町家の暮らし』 -京町家の意味がいま、解き明かされる-

11708号      11710号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11709号 2015年08月19日

『秦家住宅 京町家の暮らし』
-京町家の意味がいま、解き明かされる-

編集・発行:新建新聞社
定価:(本体2,667円+税)A4・139p
978-4-916194-56-5
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
京町家として長い歴史を持つ秦家住宅。京都に受け継がれてきた都市生活の様式とそのこころ、町屋の精神がそこには受け継がれています。秦家住宅を暮らし方・歴史・民俗・建築などさまざまな視点からとらえ、京における町屋の意味を解き説き明かそうとしています。
[目次]
秦家の佇まい(写真)
 町衆文化の系譜を辿る 京都市美術館館長・村井康彦 
 対談 文化庁・苅谷勇雅×絵本作家・永田萌
秦家の歳時記
 四季の行祭事……お正月 お彼岸 おひなさん たいしょうさん
 建具替え 祇園祭 お盆 ご祈祷 餅つき 神さんごと
 日々の暮らし
秦家に集う(座談会)
 秦家の歴史 京都の四季とまつり(八木透) 
          きっすいの下京の町家(伊東宗裕)
          奇応丸と秦家(吉住恭子)
建築から見た秦家
 集住システムとしての京町家の特色(新谷昭夫)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533