HP内の目次へ・検索もできます! 『なぜドイツではエネルギーシフトが進むのか』

11698号      11702号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11699号 2015年08月11日
刊行予定日:2015/08/20

『なぜドイツではエネルギーシフトが進むのか』

著:田口理穂
発行:学芸出版社
定価:(本体2,000円+税)四六・208p
978-4-7615-2603-0
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
国民の総意により脱原発を宣言したドイツ。
再生可能エネルギーが電力消費量の約3割を占めるまでに普及しているのはなぜか。
それは人々の環境意識が高いだけでなく、投資が報われる仕組みや法制度が支えている。市民、企業、行政がどんな取り組みをしているのか、ドイツ・ハノーファー在住の著者が、市民目線で最前線を紹介する。
[目次]
1章 ドイツ再生可能エネルギーの今
1-1 エネルギーシフトを進めてきたドイツ
1-2 ドイツと日本、ここが違う
1-3 まずは省エネから始める
コラム1 子どものときから省エネを身近に感じる教育
2章 エコ建築で電力消費を減らす
2-1 パッシブハウスは未来建築
1 公共施設をエコ仕様に
2 廃校がエコ改修で新しい形のコミュニティに
2-2 エネルギー消費を抑えた住宅地開発
1 欧州最大のゼロエミッション住宅地──ゼロ・エ・パーク
2 欧州初。3千戸規模の低エネルギー住宅地──クロンスベルク
コラム2 時代を先取りした省エネモデルハウス
3章 再生可能エネルギーは未来産業
3-1 市民が主体的に組織をつくる
1 エネルギー協同組合大国ドイツ
2 市民が発電に参加する――レアテ・ゼーンデ・エネルギー協同組合
3 送電線も地域暖房も自分たちで──フェルトハイム
4 社員が主導。社屋のソーラー発電――フォルクスワーゲンのエムデン工場
3-2 自治体のサポートによる事業展開
1 地域交通網が率先するエネルギーシフト──ウーストラ社
2 自治体エネルギー政策の実行部隊──ハノーファー電力公社「エネシティ」
3 省エネ指導に力点を置くエネルギー基金──プロクリマ
4 エネルギーコスト削減を細やかにサポート──気候保護エージェント
3-3 収益と持続性を両立する企業の取り組み
1 220の再エネ発電所を支援する──ナチュアシュトローム
2 技術力と独自路線で勝負する風力発電メーカー──エネルコン
3 再生可能エネルギーでCSR活動──ドイツ鉄道
4 木造パッシブハウスでマイホームを──カル・クラッシック・ハウス社
3-4 市民がつくった電力会社──シェーナウ電力会社
コラム3 市民プロジェクトを支援するGLS銀行
4章 市民を行政が後押しする
4-1 行政主導によるエコなまちづくり
1 将来を見据えたハノーファー市の環境政策
2 エコモビリティを楽しむ
コラム4 自動車がなくても快適
4-2  再生可能エネルギーを推進するニーダーザクセン州
インタビュー 「州として反原発を表明」シュテファン・ヴェンツェル環境大臣
5章 ドイツのジレンマ
5-1 課題が山積する原発の終焉
5-2  これからが本番。ドイツのエネルギーシフト
インタビュー 「安全なエネルギーとは何か」ミランダ・シュラーズ教授



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533