HP内の目次へ・検索もできます! 『GA JAPAN 135 ビットモデリング』

11660号      11662号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11661号 2015年07月22日

『GA JAPAN 135 ビットモデリング』

編集・発行:A.D.A. EDITA Tokyo
定価:(本体2,333円+税)A4・191p
978-4-87140-934-6
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
表紙を飾るのはヴァーチャルなガーデンかパヴィリオンか、ではなくて……、藤本壮介さんによる「Mirrored Gardens」の庭。GA JAPAN 120のPLOTでも設計プロセスを紹介したプロジェクト(当時の名称:Vitamin Space)が完成しました。既存建物があった場所の輪郭に、集落が写し取られたような建物群と、それが庭に写って徐々に実体が溶けていくような庭で構成されたアート・ギャラリー。IT技術全盛の現代に、森のような世界と今の建築が刺激的な関係で見えてきます。
[目次]
作品
 星の子愛児園新館 石山修武
  解説「金属と植物−<幻庵>、<開拓者の家>の私的系譜の延長として」石山修武
 草屋根 藤森照信+中谷弘志
  解説「丘のように」藤森照信
対談 藤森照信×石山修武
 コープ共済プラザ 日建設計
  解説「能動的な環境素材としての緑のスクリーン」羽鳥達也
 Omotesando Branches 藤本壮介
 Mirrored Gardens 藤本壮介
 Whale Museum 藤本壮介
  特別インタヴュー「緑と人工物、建築の新しい考え方」藤本壮介
 両口屋是清 東山店 隈研吾
  解説「平屋的な<もてなし>を感じる軒下の積層空間」柴田淳・梅澤竜也
 大分県立美術館(OPAM) 坂茂
  解説「可変する美術館を実現する」坂茂
特集 ビットモデリング デザイン・デジタル・ツールの現在形
  中島淳雄「第三世代のデジタル・デザインと自由曲面」
  内山美之「現実に応えるパラメトリックな力とは」
  豊田啓介「スケールを越えた関係性を感覚的に扱う可能性」
  山梨知彦「スムーズにデジ・アナ変換するツール」
  斎藤浩章「プロジェクトに最適化したデジタル・ツール・セット」
  隈研吾「ゲームとしての程良いパラパラさ」
PLOT
「富岡市新庁舎」編
 設計:隈研吾 語り手:隈研吾・吉田桂子・武田清明
 phase2:基本設計までの紆余曲折
「京都府新総合資料館(仮称)」編
 設計:飯田善彦、語り手:飯田善彦
「長崎県新県庁舎」編
 phase1:コンペからプランが固まるまで
 設計:日建設計、語り手:山梨知彦・高橋央・平井友介
 phase1:コンペから具体的な設計まで
GA広場
「その場所ならではのアートギャラリーの展開」SANAA
「軽量で軟らかく災害で壊れても人が死なない構造」佐藤淳
「連載8 ロボットはコンピュータの夢をかたちにするか?」



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533