HP内の目次へ・検索もできます! 『インテリアデザインが生まれたとき』

11604号      11606号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11605号 2015年06月11日

『インテリアデザインが生まれたとき』

著:鈴木紀慶
発行:鹿島出版会
定価:(本体2,200円+税)四六・180p
978-4-306-04623-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
アートとデザインの衝突から生まれた「インテリアデザイン」の興隆を、60年代以後に遡りアーティストとデザイナーの言動から俯瞰。
[目次]
はじめに
1945-1950年代 デザインという言葉がない時代
 デザインの夜明け、日比谷のCIEライブラリー、「間」から「空間」へ
 百貨店の室内装飾部、ふたりのイサム ほか
1960年代 インテリアデザインが生まれたとき
 剣持勇と倉俣史朗の接点、空間から環境へ
 一九六八年問題 ほか
1970年代 インテリアとファッションのコラボレーション
 デザインとして認められた商業空間の仕事、倉俣史朗による倉俣史朗 ほか
1980年代以降 インテリアとアートの融合
 倉俣史朗と三宅一生のコラボレーション、アートとインテリアデザインの融合
解説 剣持勇のジャパニーズ・モダン再考 高島直之



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533