HP内の目次へ・検索もできます! 『建築家の考えた家に住むということ 共生住居顛末記』

11584号      11588号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11587号 2015年06月04日

『建築家の考えた家に住むということ
共生住居顛末記』


著:内藤鏡子
発行:王国社
定価:(本体1,600円+税)156p・20p
978-4-86073-059-8
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
共生住居で紡ぎ出される家族四世代の生と死をめぐる物語。
[目次]
建築家の考えた家に住むということ
(共生住居のはじまり 四世代が住むということ 共生住居での暮らし
 共生住居における嫁姑問題 共生住居での子育て 思春期を迎えた共生住居)
建築家という過激なイキモノ
(多難な始まり 三十代の混沌 バブル時代の隠遁 誇り高き自転車操業
 限りなき挑戦と貪欲さ 建築家の孤独と修羅 建築家は何処へ)
共生住居が変換期へと
(老いへの挑戦 生のワンサイクルを終えて)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533