HP内の目次へ・検索もできます! ■『労働安全衛生法実務便覧 改訂18版』 ●『労働安全衛生規則実務便覧 改訂17版』
        ★『図解よくわかる労働安全衛生法 122のチャートで逐条解説 改訂5版』

11569号      11573号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11570号 2017年8月16日

■『労働安全衛生法実務便覧 改訂18版』

著:労働調査会出版
発行:労働調査会
定価:(本体1,759円+税)
978-4-86319-514-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
労働安全衛生法及び労働安全衛生法施行令の全条文を収録。
[目次]
労働安全衛生法
第一章 総則(第一条―第五条)
第二章 労働災害防止計画(第六条―第九条)
第三章 安全衛生管理体制(第十条―第十九条の三)
第四章 労働者の危険又は健康障害を防止するための措置(第二十条―第三十六条)
第五章 機械等並びに危険物及び有害物に関する規制
 第一節 機械等に関する規制(第三十七条−第五十四条の六)
 第二節 危険物及び有害物に関する規制(第五十五条−第五十八条)
第六章 労働者の就業に当たつての措置(第五十九条―第六十三条)
第七章 健康の保持増進のための措置(第六十四条―第七十一条)
第七章の二 快適な職場環境の形成のための措置(第七十一条の二―第七十一条の四)
第八章 免許等(第七十二条―第七十七条)
第九章 安全衛生改善計画等
 第一節 安全衛生改善計画(第七十八条−第八十条)
 第二節 労働安全コンサルタント及び労働衛生コンサルタント(第八十一条−八十七条)
第十章 監督等(第八十八条―第百条)
第十一章 雑則(第百一条―第百十五条)
第十二章 罰則(第百十五条の二―第百二十三条)
附則
別表
労働安全衛生法施行令
附録


●『労働安全衛生規則実務便覧 改訂17版』

著:労働調査会出版局
発行:労働調査会
定価:(本体1,759円+税)
978-4-86319-613-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
安全衛生担当者必携!!
平成29年5月1日現在の労働安全衛生規則の全条文を収録。
主な改正点は次のとおり。
○労働安全衛生規則の改正
 産業医制度等に係る見直しを実施(平29・3・29公布、平29・6・1施行)
 @産業医による職場巡視の頻度の緩和
 A健康診断の結果に基づく医師等からの意見聴取に必要となる情報の医師等への提供
 B長時間労働者に関する情報の産業医への提供
[目次]
第一編 通則
第一章 総則
第二章 安全衛生管理体制
第二章の二 労働者の救護に関する措置
第二章の三 技術上の指針等の公表
第二章の四 危険性又は有害物等の調査等
第三章 機械等並びに危険物及び有害物に関する規制
第四章 安全衛生教育
第五章 就業制限
第六章 健康の保持増進のための措置
第六章の二 快適な職場環境の形成のための措置
第七章 免許等
第八章 特別安全衛生改善計画及び安全衛生改善計画
第九章 監督等
第十章 雑則
第二編 安全基準
第一章 機械による危険の防止
第一章の二 荷役運搬機械等
第一章の三 木材伐出機械等
第二章 建設機械等
第三章 型わく支保工
第四章 爆発、火災等の防止
第五章 電気による危険の防止
第六章 掘削作業等における危険の防止
第七章 荷役作業等における危険の防止
第八章 伐木作業等における危険の防止
第八章の二 建築物等の鉄骨の組立て等の作業における危険の防止
第八章の三 鋼橋架設等の作業における危険の防止
第八章の四 木造建築物の組立て等の作業における危険の防止
第八章の五 コンクリート造の工作物の解体等の作業における危険の防止
第八章の六 コンクリート橋架設等の作業における危険の防止
第九章 墜落、飛来崩壊等による危険の防止
第十章 通路、足場等
第十一章 作業構台
第十二章 土石流による危険の防止
第三編 衛生基準
第一章 有害な作業環境
第一章の二 廃棄物の焼却施設に係る作業
第二章 保護具等
第三章 気積及び換気
第四章 採光及び照明
第五章 温度及び湿度
第六章 休養
第七章 清潔
第八章 食堂及び炊事場
第九章 救急用具
第四編 特別規制
第一章 特定元方事業者等に関する特別規制
第二章 機械等貸与者等に関する特別規制
第三章 建築物貸与者に関する特別規制
附則
附録


★『図解よくわかる労働安全衛生法
122のチャートで逐条解説 改訂5版』

著:木村 嘉勝
発行:労働調査会
定価:(本体1450円+税)A4・220p
978-4-86319-616-2
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
本書は、労働安全衛生法の全体像が把握しやすいように、図解してイメージで各章や条文の骨格を理解できるように工夫しています。労働安全衛生法各条文の要点を、明解な「解説文」と豊富な「チャート図」で説明しました。そのため、講義テキストにも使いやすい構成内容となっております。
改訂5版は「改正 労働安全衛生法」に対応し、解説部分もわかりやすく加筆されています。
また、資料7に、労働安全衛生規則及び特別規則(除染則を除く。)のうち、日常の安全衛生活動や安全衛生パトロール等に役立つ基準等を編纂し、製造業、建設業及び林業等の関係者だけでなく、労働安全・衛生コンサルタントや社会保険労務士の試験対策にも活用して頂けます。
資料8に「安衛法第26条に基づき労働者が守るべき事項」を新たに追加しました。
[目次]
序文 木村嘉勝
第1章 総則
第2章 労働災害防止計画
第3章 安全衛生管理体制
第4章 労働者の危険又は健康障害を防止するための措置
第5章 機械等並びに危険物及び有害物に関する規制
第1節 機械等に関する規制
第2節 危険物及び有害物に関する規定
第6章 労働者の就業に当たっての措置
第7章 健康の保持増進のための措置
第7章の2 快適な職場環境の形成のための措置
第8章  免許等
第9章 事業場の安全又は衛生に関する改善措置等
第1節 特別安全衛生改善計画及び安全衛生改善計画
第2節 労働安全コンサルタント及び労働衛生コンサルタント
第10章 監督等
第11章 雑則
第12章 罰則
資料1 労働安全衛生法と他の法律との連携
資料2 労働安全衛生法の全体像
資料3 労働安全衛生法令における労働安全衛生マネジメントシステム
資料4 業種別、規模別の安全衛生管理体制
資料5 作業環境測定を行うべき作業場の種類等
資料6 健康診断の種類等
資料7 安衛法第27条により事業者が講ずべき措置の主な安全衛生基準等
労働安全衛生規則(第2編、第3編)の概要
第2編 安全基準
第3編 衛生基準
ボイラ−及び圧力容器安全規則の概要
クレーン等安全規則の概要
有機溶剤中毒予防規則の概要
鉛中毒予防規則の概要
四アルキル鉛中毒予防規則の概要
特定化学物質障害予防規則の概要
高気圧作業安全衛生規則の概要
電離放射線障害防止規則の概要
酸素欠乏症等防止規則の概要
事務所衛生基準規則の概要
粉じん障害防止規則の概要
石綿障害予防規則の概要
<参考>じん肺法の概要
資料8 安衛法第26条により労働者が守るべき事項
1 安全関係の労働者の義務
2 労働衛生関係の労働者の義務



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533