HP内の目次へ・検索もできます!  『建築と不動産のあいだ』 -そこにある価値を見つける不動産思考術-

11505号      11509号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11506号 2015年04月21日

『建築と不動産のあいだ』
-そこにある価値を見つける不動産思考術-

著:高橋寿太郎
発行:学芸出版社
定価:(本体2,200円+税)四六・256p
978-4-7615-2594-1
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
設計事務所と不動産会社を渡り歩き、両業界のコラボレーションに挑戦する著者が、より創造的な価値を生む建築不動産フロー〈ビジョン→ファイナンス→不動産→デザイン→施工→マネジメント〉の考え方と実践を紹介。建築家だからこそわかる土地の価値、不動産会社だから分かる建物の価値、建て主の利益はそこに隠れている!
[目次]
プロローグ 大比較検討時代の幕開け〜仕組みが変わった建築設計市場〜
1章 なぜこれからの建築に不動産思考が必要なのか
インターネットがもたらした具体的な変化
建て主の多様化が意味すること
新中間層の建て主が建物づくりを通じてつかみたいもの
建て主が抱くお金の不安
不動産会社の役割
仕組みが異なる建築デザイン業界と不動産業界
建築と不動産のあいだ 〜クリエイティブな価値と利益を見つける〜
2章 クリエイティブな不動産思考の方法 61
建築不動産フロー
建物づくりの六つのフェーズ VFRDCM
V:ビジョン 〜将来の目標を具体的に定める〜
F:ファイナンス 〜コストからファイナンスへ〜
R:リアルエステート 〜「土地」と「敷地」を観よう〜
D:デザイン 〜VFRをデザインに昇華する〜
C:コンストラクション 〜アイデアを現場で形に〜
M:マネジメント 〜居住・使用・運用の始まり〜
あなたの不動産思考度を測る 〜あなたの壁は何か〜
3章 建築的・不動産思考の実践 〜六つのケーススタディ〜
ケーススタディ 1 『不動産広告の常識から抜け出せ!』
  〜現場で気づいた建て主の利益〜
   建築設計から、不動産営業への転職
 建築的・不動産思考、初の実践
 ファイナンスを聞かずに土地探しに入ってはいけないが、それよりも大切で、必要なのがビジョン
 「本当に建てたい理由は何か?」を掘り下げることで、その家族のビジョンが見えてくる
 土地探しに建築家が参加すると、とても面白い
 建築家はその土地をどう見たか
 この土地は、見た目よりもポテンシャルが高い
 日本では、思った以上に「南向き」がありがたがられる
 不動産コンサルが、建物の打合せに同席する
 家づくりのビジョンは達成されたのだろうか
 建築家コラム──木下昌大
ケーススタディ 2 『土地を選ぶ。右か左か?』
  〜建て主を錯覚から救い出すことができるのは建築家〜
 キャリア・家・場所
 現地で、その土地にどんな建物が建つかをよく観察する
 土地に隠れる三つの錯覚
 縦割りを飛び越えれば、建て主を錯覚から救い出すことができるかも知れない
 土地が決まってからが不動産コンサルの腕の見せ所
 建物が建つ前と後では、場所の印象は全く異なる
 ビジョンの実現に向けたマネジメントフェーズ
 建築家コラム──前真吾
ケーススタディ 3 『親族関係を設計せよ!』
  〜家族会議に、建築家と不動産コンサルが参加する〜
 将来、本当に欲しいものは何か?
 ビジョンは「みんなで一緒に住む」
 10回重ねた家族会議
 ファイナンスフェーズと不動産フェーズを同時に解決する
 家族関係を空間に落とし込む
 工期が厳しいが、皆で協力
 皆で一緒に住む
 建築家コラム──白須寛規
ケーススタディ 4 『クリエイティブに分筆線を引け!』
 〜建築的価値と不動産的価値の両方を考えた分筆〜
 話し合いの場で答えを見つける
 住宅ローンだけではなく、収入のあり方を考える
 建築家によるクリエイティブな分筆
 賃貸併用住宅のデザイン
 いよいよ建物の運用を開始する
 建築家コラム──木下昌大
 〈座談会〉次世代に受け継がれる家づくり
       建て主×建築家×高橋寿太郎
ケーススタディ 5 『必要な土地の広さを逆算せよ!』
 〜郊外ならではの土地選び〜
 郊外の土地選びは何が違うのか
 休日をゆっくり自然の中で暮らし、子育てをしたい
 まず地元の不動産会社ではなく、筑波大学を訪問する
 土地フェーズから建築を考えれば、建て主の潜在的欲求に応えられるかも知れない
 聞き逃していたかも知れない要望に、土地探しの段階で建築家が気づいた
 今回は南向きがベスト
 らせん状の生活空間
 デザインフェーズで不動産コンサルが確認したこと
 「素材とディテール」に包まれる生活空間
 建築家コラム──林謙太郎
 〈座談会〉「住まい」のイメージが全く異なる夫婦の家づくり
       建て主×建築家×高橋寿太郎
ケーススタディ 6 『ビジネスモデルをデザインせよ!』
 〜ブランディングから始まる建築不動産フロー〜
 「オープンでわかりやすい、だから安心 正直で親切、それが信頼 すべての人のグッドライフカナエル」
 建物づくりを始める前に、会社づくりをじっくり行う
 「ハウジングヒストリー、始まる」
 ブランドコンセプトと地域性から考える支社オフィス
 国道沿いのインコーナーか、アウトコーナーか〜建築と不動産のロジックをフル回転せよ〜
 デザインフェーズでは、プレゼンテーションから入らない
 小さな家型が連続する、オフィスっぽくないオフィス
 建築家コラム──木下昌大
 〈座談会〉ビジネスモデルの再考から始まった建築不動産フロー
       建て主×建築家×高橋寿太郎
ケーススタディ EX 『建築と不動産のあいだの世界に参加しよう』
  〜多様な活動を角度を変えて〜
 〈座談会〉建築と不動産のコラボ最前線 〜これからの建築家、これからの不動産仲介〜
       久山敦×高橋寿太郎×島田陽×木下昌大
エピローグ



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533