HP内の目次へ・検索もできます! POM版 『扇葉壮小景』

11414号      11420号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11417号 2015年03月04日
内容サンプルPDFPOM版
『扇葉壮小景』

原本
著:藤井厚二
編:村田治郎、伊東恒治
編集・発行:新建築社
発行日:昭和十五年四月十五日

復刻版
企画・編集・発行
京都普請研究会
定価:(本体3,000円+税)A4・96p
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
扇葉壮は建築家・藤井厚二の最後の遺作であり、関係資料は発表されていません。
現在、この遺作は取り壊されています。残念です。
昭和の初めに師が目指した、住宅の本質を示しています。
正しく温故創新のかたちです。ぜひ、篤学頂きたい。
山岸豊 拝
扇葉荘の設計について 藤井厚二
生活の内容を豊かにするためには、よく・行届いて計画された住宅を必婆とします。
そんな住宅を設計するには其の居住者の生爪の真髄に触れて解決せねばなりません。
従つて、吾々建築家が設計の依頼を受けた場合に、先づ第一に努めねばならないことは依頼者との間によく意思の疎通をはかつて、計画の基礎を定ねぽなりません。
今回の扇葉粧の設計に於ては、最初から依頼者の中田輿兵衛氏は建築上の私の主張に対して深い理解があり、寛宏の態度を以て遇せられたので、私は常に非常に楽しい気持でエ事に当當り得ました。此の事は建築家として無常の光榮ですから、茲に落成に際して一言感謝の意を表はす次第です。扇葉荘の施工に関しては、からき屋工務店の努力に俟つこと多大でした。
編者序文
扇葉荘は故・藤井厚二博士が設計はもとより施工・庭園にまで意を注がれて成つたものですが、悲しくも先生は二豎のために長逝せられましたので、これが先生最終の御潰作になつて了ひました吾等後学門人といたしましては此の大作を未発表のままに置くのが如何にも惜しく残念であり、一冊の本にまとめて日常座右に飾り、亡き先生より絶えざる御教示を仰ぐ源泉としたく、且つ他面に於ては先生独自の風趣を現代日本に普及したいと切望しまして、御遺族と扇葉荘主人・中田輿兵衝氏との御賛同を得、その出坂を新建築社主・吉岡保五郎氏に依頼しましたところ、同氏は既に早く先生御存命中に同様の企があつたといふ因縁浅からざる事実を物語り、心よく承諾せられた上に写真撮影その他一切の雑務を引き受けて下さいました。さうして扇葉荘の施工者・唐木半七氏も亦進んで製図などの助力を輿へられました。
斯くて出版計画はまことに順潮に進みましたが、しかし編輯、特に写真・図面の選択や本の体裁などについては、先生の御志に果して十分添ひ得たか否かと、私共一向に恐縮してゐるのであります。先生御自身の御編輯ならば或は新に作り変えへられるとか削除せられたかも知れない図面が時に入つてゐるでありませう。尤も中には先生の図法を偲ぶ一助にもと態と添加したものもありますしまた先生の名作「藤焼」の片影をも附加しました。何にしましても不整不備は全く吾等編者の至らなかつた為と深く御詑びしなけれぽなりませぬ。
茲に編輯に関係した後学及受業生一同を代表しまして、両人が本書刊行の由来を略記させて戴きました。尚ほ舞頁の「扇葉荘の設計について」は扇葉荘落成の際に作つた小冊子の巻頭序文を、そのまゝ転載したものであることをお断りして置きます。
昭和十四年六月末日
村田治郎
伊東恒治
[目次]
扇葉狂の設計について
編者序文
工事槻要 藤井厚二

写真及図面両

街路よりの全景 7
門及塀立南図 7
正  門 8
門見収図・門脇格子詳細 8
門及壁詳細・門衛正面・平面 9
門 内 側 10
配 置 図 11
立 両 図 12
平 面 図 14
前庭より玄関を望む 16
玄関前露次口 17
玄関正面 18
玄関軒廻・仝見取図 19
玄 関 20
仝腰掛詳細 21
玄関天井見上げ 23
仝天井及式台廻り見取図 23
一階広間 24
広間の棚 25
棚と其見取図・居間への廊下 27
廣間より客間界・仝建具詳細 27
客聞入側 29
欄間詳細 29
客間次室 31
客間東面 32
客間北面 33
客間床廻り見取図囲 34
客間及床框詳細 35
客間南面 36
客間書院・藤焼 37
客間東面外観 38
客間南面外観 39
客間西南面外観 40
客間入側外観 41
庭 園 42
本屋南面外観 46
居間東面 48
居間南面 49
居間西面 50
食 事 室 51
居間天井照明・仝見取図 52
居間床ノ間・仝詳細図 53
縁 54
応 接 室 56
仝棚廻り及家具詳細 57
夫 人 室 58
仝床廻り見取図 59
夫人室入側・水盤 60
テレス・水盤詳細 61
階 段 室 62
塵壷・階段詳細図 63
二階喫煙室・仝天井詳細図 64
二階寝室 65
一階廊下・廊下掃出口 66
衣帽入詳細 67
配 膳 室 68
台所・配膳室流し詳細図 69
内玄関・納戸 70
内玄関外観・軒廻り詳細図 71
破風換気孔詳細図 72
窓詳細図 73
床下換気口及腰廻り詳細図 74



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533