HP内の目次へ・検索もできます!  『コミュニティパワー』 -エネルギーで地域を豊かにする-

11269号      11271号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11270号 2014年12月09日

『コミュニティパワー』
-エネルギーで地域を豊かにする-


編著:飯田哲也+環境エネルギー政策研究所(ISEP)
発行:学芸出版社
定価:(本体2,200円+税)A5・208p
978-4-7615-2584-2
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
今注目を集める「ご当地エネルギー」。地域主導で自然エネルギー事業を立ち上げ、地域で雇用を生み経済的自立を実現する。自然エネルギーは地域が主体的に自立性を高めるコミュニティパワーとなる。仲間の広げ方、事業主体の立ち上げ方、お金のまわし方など、地域エネルギー事業を成功に導くISEPの哲学とノウハウを解説。
[目次]
今、なぜコミュニティパワーか
CHAPTER 1
地域エネルギー革命が起きつつある
1 人類史第四の革命 ─急激に拡大する自然エネルギー
2 「現代の恐竜」となりつつある電力会社
3 「大きな変化」を起こす「小さな取り組み」
   デンマークの分散型エネルギー
   サムソ島の地域環境エネルギー事務所
CHAPTER 2
コミュニティパワーとは
1 コミュニティパワーの源流
2 風車のまわる音が心地よくなるとき
3 コミュニティパワー三原則の誕生
4 「エネルギーがらくた」が氾濫する日本
5 「逆3セク」民設公益事業「おひさま進歩エネルギー」
6 エネルギー植民地から地域資本主義へ
CHAPTER 3
コミュニティパワーを立ち上げる
1 立ち上げのきっかけ
   地域のエネルギー事業を立ち上げるには、どうしたらいいですか?
   市民ファンドをつくりたいのですが、どうやったらいいですか?
   市長や市民の要望で、自然エネルギーを推進するにはどうすればいいですか?
2 仲間を広げる
   「よそ者」「若者」「バカ者」
   女性がカギ
   「地域オヤジ社会」「技術オタク」と上手に付きあう
3 場をつくる
   「場」が持つ公共性
   時間を重ねた付きあいによる「遠心分離」
   ビジョンをつくる
4 事業主体を立ち上げる
   「公共性」と「企業性」との両立
   いわゆる「SPC」の前に大切なこと
   「非営利型株式会社」という選択肢
5 コミュニティパワー事業の事例
   事例1 民主導:会津電力株式会社(福島県喜多方市)
   事例2 官民共導:ほうとくエネルギー株式会社(神奈川県小田原市)
   事例3 NPO主導:しずおか未来エネルギー株式会社(静岡県静岡市)
CHAPTER 4
地域エネルギービジネスを組み立てる
1 21世紀型政策が地域エネルギービジネスを加速させる
2 ビジネスを着実に進めるための二つのポイント
   地域でビジョンを共有し、計画を立てる
   公共性のバランスを見失わない
3 地域エネルギービジネスの組み立て方
   事業の全体像を把握する
   事業化の流れ
   事業スキームの立て方
4 地域エネルギービジネスのリスクを知る
   事業の収支構造
   失敗事例から学ぶ
   リスクの種類とその対応策
5 取り組みやすい太陽光発電事業から始める
6 地域エネルギービジネスの事例
   事例1 太陽光発電・省エネルギー事業:
   事例1 おひさま進歩エネルギー株式会社(長野県飯田市)
   事例2 バイオマスによる熱供給・省エネルギー事業:
   事例2 備前グリーンエネルギー株式会社(岡山県備前市)
   事例3 小水力発電事業:株式会社アルプス発電(富山県滑川市)
CHAPTER 5
お金をまわす
1 大切なのは「地域でお金をまわすこと」
2 資金調達の方法
   自己資本と他人資本
   金融機関との交渉
3 「地域資本主義」を目指そう
4 地域の金融機関との関係づくり
5 市民出資を活用する
   市民出資とは
   市民出資の種類と特徴
   市民出資と地域金融機関の協調
6 日本初!市民出資による市民風車「はまかぜ」ちゃん
CHAPTER 6
政策を活用する、行政と協働する
1 固定価格買取制度を知る
   コミュニティパワーの可能性を開いた固定価格買取制度
   日本の固定価格買取制度
2 地域エネルギー政策と行政の三つの役割
   地域エネルギー政策の三つの柱
   地域エネルギー政策の手法
   行政の役割@:政策の策定
   行政の役割A:率先導入の効果的活用
   行政の役割B:公営電気事業
3 エネルギー政策の地域分権
   「エネルギー産業政策」に過ぎない日本
   ユーザー主権の政策転換へ
   欠落してきた温熱政策を地域で埋める
4 役所との上手な付きあい方
   役所の力と役割を知る
   役所の限界と問題点を知る
   役所の課題をクリアする
5 地域のエネルギー自治に挑む事例
   事例1 長野県:行政の仕組みづくりの先進例
   事例2 飯田市:行政と民間の協働の先進例
   事例3 宝塚市:市民を巻き込む先進例
CHAPTER 7
ネットワークを広げる
1 ネットワークの大切さ
   ネットワークを通じて知識、経験、思いを共有する
   自ら他の地域に学びの機会を与え、相互に成長する
2 国内のコミュニティパワー・ネットワーク
   コミュニティパワー国際会議
   全国ご当地エネルギー協会
   その他のネットワーク
3 海外のコミュニティパワー・ネットワーク
   世界風力エネルギー協会コミュニティパワー・ワーキンググループ
   ドイツ・100%自然エネルギー地域プロジェクト
   カナダ・オンタリオ持続可能エネルギー協会
   オーストラリア・コミュニティエネルギー連合
   その他の国際ネットワーク
あなたがこの本を読み終えて最初にするべきこと



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533