HP内の目次へ・検索もできます!  『なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか』

11259号      11264号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻11260号 2014年12月02日

『なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか』

著:鈴木雄二、菅原浩一、樋口勝一
発行:幻冬舎メディアコンサルティング
定価:(本体740円+税)184p・18p
978-4-344-97037-3

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
珪藻土や無垢材…自然素材を用いたマンションづくりに転換した10年。続けてこられたのは異端な中堅企業だからこそ。なぜ市場にいま供給されている新築マンションには使われないのか?その理由を紐解き、「快適な暮らしを実現する住まい」について考える。
[目次]
第1章 なぜマンションの内装に自然素材が使われないのか
    (自然素材の採用に対する動きの鈍いマンションデベロッパー3Pか、自然素材か
     「環境共生型マンション」への取り組み ほか)
第2章 自然素材を使ったマンションをつくる挑戦
    (困難でも続けたのは、やはり自然素材が快適だからゼネコンの減額項目の提案は、
     自然素材から温水洗浄便座がないことを、あえて売りにする ほか)
第3章 住宅産業の来し方からみる、住まいづくりの行く末
    (住まいの大切な価値観が失われたのはなぜなのか大量生産時代に求められた施工性
     新建材が用いられてきた背景 ほか)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533