HP内の目次へ・検索もできます! 『建築を、ひらく』

10994号      10996号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10995号 2014年6月30日

『建築を、ひらく』

著:オンデザイン
発行:学芸出版社
定価:(本体2,300円+税)A5・192p
978-4-7615-2574-3

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
対話で築きあげる設計手法で仕事の領域を広げるオンデザイン。ヨコハマアパートメントから地方のまちづくりまで、様々な展開をみせるプロジェクトや、パートナー制による設計体制、模型等のコミュニケーションツールを紹介しつつ、建築家だからこそつくることができる「パブリック」の新しいかたちを探る。はじめての単行本。
[目次]
ツール編:建築のひらきかた 設計に向かう体制から変える
01 対話の設計 チームワークの再定義
02 身のまわりから考える 働く環境の改善
03 プロジェクトをはじめる ヒアリングという技術
04 建築をわかりやすくする 模型
05 ストーリーを伝える プレゼンテーションブック
06 立ち位置を共有する コミュニケーションブック
対話 クライアントと楽しむ家づくり ゲスト:「家と空き地」クライアント
07 いつでもプロジェクトをひらく WEB
08 もう一度、客観的になる 竣工アーカイブ
09 つかいはじめた声をあつめる 竣工後アンケート
対話 デザインからコミュニケーションへ ゲスト:茂木隆宏(NOGAN)
ワーク編:パブリックのつくりかた 「建てる」に限らない実践の記録
10 街にひらく ヨコハマアパートメント
11 趣味からひらく FIKA
12 設計に参加する 村、その地図の描き方
13 人を巻き込む しちがはまベースキャンプ
14 拠点をつくる 石巻2.0
15 街の声をひろう 浜松まちなかにぎわい協議会
16 浜の観光をひらく 牡鹿半島国立公園化プロジェクト
17 風景を育む SEA DAYS
18 垂直にあつまる コーポラティブガーデン
19 学ぶ単位をみなおす まちの学校―ある幼稚園の計画
20 島の未来を描く 島前の学び場プロジェクト
21 家を継ぐ ある伊勢の農家の話
対話 建築はアンカーだ ゲスト:古田秘馬(umari)
Afterword 個人からつくる主体的なパブリック



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533