HP内の目次へ・検索もできます! 『新国立競技場の何が問題か』

10822号      10824号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10823号 2014年4月2日

『新国立競技場の何が問題か』

著:槇文彦、大野秀敏
発行:平凡社
定価:(本体1,400円+税) 四六・200p
978-4-582-82471-1

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
東京屈指を誇る外苑の、歴史的景観、市民の憩いの場は守られるのか。建築界・市民社会に大きな問題を投げかけた、槇文彦のエッセイ、それを論じたシンポジウムの全貌、論考を掲載。
[目次]
プロローグ 10月11日 神宮の杜で 元倉真琴
新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える 槇文彦
ひとつの建築を通して、何が問われているのか
 シンポジウム:国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える
  問題の根本はプログラムにある 槇文彦
  明治神宮と外苑はいかにつくられたか 陣内秀信
  環境倫理学から街づくりへ 宮台真司
  歴史との対話から都市を計画する 大野秀敏
  いい街づくりには何が必要か パネルディスカッション
 今後の展開とメディアの役割 質疑応答
市民の目が景観をつくる アムステルダムから 吉良森子
何が問題化、どうすべきか
 新国立競技場は、神宮外苑とオリンピックの歴史を踏まえるべき 越澤明
 今、私たちの見識と想像力が試されている 松隈洋
 東京jのランドスケープダイバーシティをめざせ 進士五十八
 市民の立場から国立競技場を考える 森まゆみ
 ロンドンオリンピック施設計画・設計の事例に触れて 長島孝一
これからの100年のために 大野秀敏



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533