HP内の目次へ・検索もできます! 『プロが教える住まいづくり』 -困ったことになる前に-

10728号       10730号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10729号 2014年2月22日

『プロが教える住まいづくり』
-困ったことになる前に-


著:井上まるみ
発行:学芸出版社
定価:(本体1,800円+税)
A5・168p
978-4-7615-1335-1

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
人生をかけた大金が動く住まいづくり。しかし、住む人の暮らしを顧みない建築家・工務店・ハウスメーカーに依頼したために「こんなはずではなかった」と嘆く建築主は後を絶たない。どうすれば納得の住まいができるのか? 主婦として、建築家として「住まい」を見続けてきた著者が教える「暮らしを考えた住まいづくり」の方法。
[目次]
はじめに
第1章 「暮らしの器」を求めた建築主たちのドラマ
1 着工1週間前にもう一度考え直すことにしたMさん
2 自然素材を使う業者と契約したもののプランに疑問を持ったSさん
3 設計者に「そんな希望は無理」と言われても諦めなかったNさん
4 打ち合わせの度に落ち込んで疲れきってしまったYさん
5 伝えたことは入っている図面だが、「この設計で希望の暮らしができるだろうか」と気になったKさん
第2章 困ったことにならないための第一歩
1 建築主としての心がけ5ヶ条
まずは学ぶこと
依頼先により「普通」の基準は異なる
住まいは商品とは異なる
□コラム 「板」は「木が反る」と書く
軸足をしっかりと持つ
判断・決断するのは建築主
□コラム 強引な彼についてゆくか?別れるか?
2 納得のいかない住まいとなったのはなぜ?
3 納得のためのチェックシート
4 先輩建築主の困った姿に学ぶ
自然素材と付き合ったことがない
「こんなものだとは思わなかった」
友人やネットの情報を鵜呑みにする
にわかデザイナーになる
次々と変更を繰り返す
□コラム 図面はそんなに早く描けない
最後は「素人ですから」
会話のルールが守れない
モデルハウスに憧れてしまう
□コラム 図面の打ち合わせはせめて1/50で
□コラム 部分にこだわりすぎると…
第3章 賢い建築主になるために
1 住まいづくりはいつ始めるといい?
新築マンションを購入後すぐにリフォーム
リフォームを思い立ってから12年が過ぎて…
新築を思い立ってはや10年以上…
2 「見た目」だけで決めない
重要なのはデザイン?暮らし?
重要なのはデザイン?建物の寿命?
□コラム 設計者に1週間我が家で生活を共にしてもらったが
□コラム 人間の能力をUPさせる住まい、DOWNさせる住まい
3 「若い夫婦」「子育て家族」「終の棲家を求める世代」へのメッセージ
これから子育てをする若い夫婦へ@
これから子育てをする若い夫婦へA
□コラム 現場の職人さんへのおやつも大切
子育て中の家族へ
「終の棲家」を求める世代へ
□コラム 地鎮祭・上棟式も大切に
4 建築士の選び方
建築士のいる会社によって設計内容は違う
建築士だから暮らしがわかるとは限らない
似合わない設計者にはどう伝えても無理
合う設計者かどうかを判断するヒント
□コラム 設計事務所紹介サイトでは施工会社を選べないことも
女性の建築士、男性の建築士
まずはノックしてみよう
□コラム よい設計者は、よい運転手
第4章 住まいの提案事例から
1 あなたの図面(プラン)、これでいいのですか?
2 水まわりのプラン変更依頼を受けたN邸
3 仕事を持つ主婦を応援する住まい
4 南・北・西に3階建てが聳える、細長い土地の快適な2階建て
5 趣味を楽しむ60歳代夫婦の住まい
6 暮らし方の提案事例より
7 仮設住宅に想う
第5章 設計者・施工者へのメッセージ
1 設計者(建築士・建築家)へのメッセージ
建築家は暮らしを読む力を
建築主の声に耳を傾けて
建築士の考えをきかないのは困った建築主?
□コラム 自己満足の指揮者に施工者はついていけない
思い込みで設計を進められても…
□コラム 街に乱暴なことをする建築家・住宅メーカーも
わからない時は「わかりません」
2 施工業者へのメッセージ
設計者の声に耳を傾けよう
建築主の声に耳を傾けよう
打ち合わせのルールを守ること
おわりに
謝辞



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533