HP内の目次へ・検索もできます! しくみ図解 042『建築材料が一番わかる』-建築技術の発展を支える建築材料を理解する-

10633号       10635号



創設 『電子図書館』
建築関係図書(古文書) 建築関係図書(現代本) 一般書関係図書 CADデジタルデーター館

京都発大龍堂通信:メールマガジン通巻10634号 2014年1月6日

しくみ図解 042
『建築材料が一番わかる』
-建築技術の発展を支える建築材料を理解する-


著:喜入時生、
監修:松本幸大
発行:技術評論社
定価:(本体1,880円+税)
91p・21cm
978-4-7741-6135-8

送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!

 ◆簡単メールご注文(E-mail)から。
建築業界,リフォーム業界などに入られて,建築をこれから勉強する方,もしくは関連業種の方を対象に,建築に使われるさまざまな材料を紹介します。まずは建築物の骨格に当たる構造用材料として,木材,コンクリート,鋼材の種類や特徴,性質を解説します。引き続き,建築の表情や衣装に当たる石材,ガラス,タイルや内外装材,左官材料などに触れ,よりよい環境や安全な建築とするための機能性材料として,防水材料,防火材料,耐振材料などを解説します。本書を読めば,建築技術の発展を支える建築材料の知識を把握することができます。
[目次]
第1章 建築材料概要(建築計画と建築材料;環境・設備計画と建築材料 ほか);
第2章 構造用材料(構造用材料の定義と種類;木材の種類 ほか);
第3章 仕上げ材料(仕上げ材料の定義と種類;石材の種類と性質 ほか);
第4章 機能性材料(機能性材料の種類と目的;アスファルト防水 ほか)



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533