HP内の目次へ・検索もできます!  『藤森照信読本』

7478号      7483号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7482号 2010年10月2日


『藤森照信読本』

編集・発行:
エーディーエー・エディタ・トーキョー
定価:2,730円(本体2,600円+税5%))
210×148mm total pages, 88 in color
978-4-87140-670-3

送料をお選び下さい! ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!






建築史家にして建築家、
藤森照信。大地から生まれた素朴な姿の建築は、やがて木を登り、ついに空を飛ぶ。原始の様に大らかな未来へと向かう。
[目次]
対談:伊東豊雄・藤森照信
憧れと研究,原点と設計
 生い立ちーモノ作りへの興味の芽生え
 少年時代ー「狩猟」と「皆でつくる」原体験
 中学・高校時代ー建築へ
 大学時代ー歴史へ
 近代への志向と建築探偵のこと
 路上観察学会とその仲間たち
 現代建築評論に対する姿勢
 設計のはじまりの頃ー神長官守矢史料館
神長官守矢史料館 1990-91
 スタンディング・ストーン=御柱?
 赤派/白派のこと
 〈建築の一部〉家としてータンポポハウス
タンポポハウス 1990-95
 ニラハウスのこと
ニラハウス,薪軒 1995-97
 縄文建築団と素人の建築
浜松市秋野不矩美術館 1995-97
 構造と形ー秋野不矩美術館のこと
 職人との関係,共同設計者との関係
 材料を生かす手腕
不東庵工房 2001
 施主に選ばれ,施主を選ぶ?依頼主との関係
一夜亭 2003
養老昆虫館 2003-05
ねむの木こども美術館 2006
 建築の本質を凝縮するー茶室のこと
矩庵 2002-03
茶室 徹 2005
高過庵 2003-04
 普通の人に愛される建築ー高過庵
ラムネ温泉館 2004-05
 ラムネ温泉館のこと
 材料の選択ー炭と竹
ザ・フォーラム,炭軒 1998-99
焼杉ハウス,松軒 2005-07
 庭か? 建築か?
コールハウス 2007-08
ROOF HOUSE 2007-09
 屋根と土の力ーROOF HOUSE
 間取りの起源を探るー火と洞窟
 国籍不明建築の正体
Black Teahouse,ビートルズハウス,入川亭,忘茶舟
 巨匠論ー欠落と突出の末に成し得るもの
 空飛ぶ泥舟のこと
空飛ぶ泥舟 2010
作品リスト



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533