HP内の目次へ・検索もできます!  『建築知識2010年10月号』 -特集:鉄骨造[設計・納まり]大図解-

7440号      7442号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7441号 2010年9月20日 


『建築知識2010年10月号』
-特集:鉄骨造[設計・納まり]大図解-


編集・発行:エクスナレッジ
定価:1,890円(本体1,800円+税5%)
B5・150p

送料をお選び下さい! ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
特集:鉄骨造[設計・納まり]大図解、S造は振動・遮音・雨漏りなど問題点が多く、クレームにつながりやすいという現実があります。今回は、そのような問題点を解決する設計テクニックを大公開!また、今年4月より床面積合計300m2以上の建物にも省エネ基準の届出が義務付けとなりました。S造の断熱基準と併せて、断熱テクニックについても解説します。
[目次]
断熱
 これからは省エネ基準を目安にする/熱橋を木材で排除する手法
構造
 構造を念頭に置いた意匠設計を
設備
 配管と軸組を干渉させない
柱脚
 基礎・床・樋との取合い確認
外壁
 ALCのパネルは割り平面計画で丹念に/押出し成形セメント板の最新防水工法/
 金属外壁は断熱不備に気をつける
開口部
 漏水しないサッシの選び方・納め方
屋上
 外装材との切り離し方に工夫を
屋根
 金属勾配屋根は遮音性や断熱性をチェック
バルコニー
 防水性を高めながらシャープに表現する
耐火被覆
 耐火被覆の必要厚さを確認する

 用途に合わせた荷重と仕様の設定を
浴室
 段差を設けるいくつかの方法
内壁
 性能が必要ならばスラブで取り合う
天井
 階高の設定と下地の使い分けに注意
階段
 全体の意匠や手摺のデザインなどを重視
コスト
 架構と接合部の工夫でコストダウン
特別記事
 鉄骨造の表現とディテールの変遷を辿る
column
 S造の雨漏り事故は外壁ジョイント部に多い/遮音床は音の種類で作り方が異なる/
 梁貫通は柱と継手付近に設けない/鉄骨露しの完成度は構造設計の段階で決まる/
 S造とRC造で比較する工事費の違い/鉄骨工事の見積りここだけは押さえる
特別付録 クルクル回転360℃!
 3次元納まり詳細モデル+使えるCADデータ100



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533