HP内の目次へ・検索もできます!  『ファシリティマネジメントハンドブック』

7398号      7400号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7399号 2010年9月5日

『ファシリティマネジメントハンドブック』

著作:デビッド.G.コッツ
監修:松岡利昌
訳:加藤達夫、金英範、山田教彰、堀雅木、古川毅
発行:産業情報センター社出版事業局
定価:13,650円(本体13,000円+税5%)
481p27cm
978-4-903827-04-9
送料をお選び下さい! ★タイトル・著者・発行所・定価・ISBM等をお書き(コピー)しご購入フォーフォーマットにお貼り付け下さい!
ファシリティ・マネジメント発祥の地である、米国を中心に、現在世界中で最も読まれているファシリティマネジメントの基本参考書として取り上げられるのが今回紹介の“The Facility Management Handbook”です。著者はファシリティマネジャーであり、IFMA会長を歴任した実務家デビッド・コッツ(David G. Cotts)氏で、この原版の翻訳本『ファシリティマネジメントハンドブック日本語版』500ページ程の大作です。
監修・訳者は、名古屋大学大学院 環境学研究科 施設計画推進室 准教授松岡利昌氏
をはじめ、5名のファシリティ・マネジメントの実務プロが翻訳を分担して、約3年を費やし、本年7月28日に発刊いたしました。本書が、日本においてこれからファシリティマネジメントを学ぶ初心者に、また、日本のファシリティマネジメントについてすでに学び実務に携わってきた実務家に、そして、さらなるスキルアップや知識をブラッシュアップして、ファシリティ・マネージャーとして世界で活躍を目指す次代のファシリティ・マネジメントリーダーの皆様に必携の書となり、我が国の発展に寄与する一冊として利活用いただくことを願いご案内差し上げました次第です。この文献は、民間企業のみならず、官庁施設や地方自治体の財務局や管財室の担当者、病院の事務局や大学の施設部、工場や研究所の施設管理者、エネルギーや都市インフラの整備や管理に携わる技術者の方々にも多くの知識とマネジメント手法を提供すると確信しております。
[目次]
第1編背景と組織、
第2編計画、プログラミング、予算編成、
第3編不動産、
第4編設計施工サイクル、
第5編運営維持、
第6編ファシリティマネジメントの実践
Appendix



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533