HP内の目次へ・検索もできます! 『桧家住宅 勝ち残るビルダー経営』

7268号      7270号


京都発大龍堂:メールマガジン通巻7269号 2010年7月2日


『桧家住宅 勝ち残るビルダー経営』

著:茂木俊輔
発行:日経BP社
定価:1,575円(本体1,500円+税5%)
978-4-8222-4814-7
送料をお選び下さい!★タイトル・著者・発行所・定価・ISBN等をコピーして下さい・★ご購入フォーマットのご注文書籍名に貼り付け下さい!
2010年1月末、住宅業界に激震が走った。2009年の新設住宅着工件数が100万戸を大幅に下回る約80万戸だったことが明らかになったのだ。これは東京オリンピック時以来の低水準である。住宅業界は、少子高齢化が進む中で中長期的には縮小傾向に向かうとされてきたが、まさにその現実を突きつけられる形となった。その中で増収増益を続ける桧家住宅の生き残り戦略とは――。
同社は、埼玉県久喜市に本社を置き、戸建て注文住宅を手がけてきたが、2007年11月の株式を機にM&Aを活用して、不動産、建材関連企業を傘下に収め積極的に事業領域を拡大している。それぞれ住宅とは不可分の事業ではあるが、狙いは単にそこにとどまらない。買収した建材会社の持つ「高気密・高断熱」技術を導入して、中核事業である戸建て住宅のエコ化を追求する一方で、不動産事業のノウハウを戸建て住宅の受注増に結び付ける工夫をしている。つまり、グループ内の中核事業と新規事業が相互に深化と拡大を促し、それにより業界内での競争優位を確立することを目指しているのである。
[目次]
第1章 激変する市場環境にいち早く対応;
第2章 注文住宅をわかりやすい価格で提供;
第3章 三つの転機を経て経営理念を確立;
第4章 上場とM&Aでグループ力を強化;
第5章 ローコスト・高収益を追求し勝ち残りへ



DAIRYUDO SHOTEN Co.,Ltd  TEL:075-231-3036 FAX:075-231-2533